オーディション
2011-09-28 Wed 01:13
随分、このブログをさぼってしまったなぁ・・・
 
覗いてる皆さん、すみません。
 
別に見てねぇよ!って、、、言わないように。
 
 
決してさぼってるわけではなく
 
脚本の調整と執筆とあれこれと、わいわいしているわけです。
 
頭がはげない程度に、いろいろと思索思案していくんだけどね。
 
はぁ、って、今しがた
 
窓をあけて、お茶を飲みながら一服してたらね
 
思わず、ゲコッ!!

ってゲップが出たわけよ。
 
そしたら、窓から広がる静かな夜の住宅街に俺の音が凄い反響してさ
 
なんか感動したわ。
 
 
あまりにも不意に襲った夜のゲップに対して
 
聴こえた人たちは、なにを思うだろうか。
 
でっかいカエルが鳴いたと思うのだろうか、
 
密かに、夏の終わりを感じて感傷的になってもらえたら幸いです。
 
 
まぁ、そんな事はいいとして。
 
事象Aの公演に先立ちまして、ワークショップ参加者から
 
キャストオーディションを先週決行致しました。
 
そして、各々結果の発表もさせていただきまして
 
いよいよと、いう運びにこれからなっていくわけで
 
その準備たるや、足らないや、という具合で必死に動いています。
 

  
   オーディション風景
  
 
オーディション、みんな緊張していたなぁ~と
 
もう、オーディション1週間前から「緊張しています」という声もきいて
 
リラックスして取り組んでもらえたらと思っていましたが
 
やはり、「特別意識」という事だろうか
 
「今日は特別」ってやつの意識だよね
 
硬い部分はぞんぶんに見られました。
 
そりゃそうだろっていうね、事でもある。
 
誰だってさ、緊張するよね
 
 
また、いつもと違う事に取り組んでもらったのでさらにって事だったね。
 
そりゃそうだろ
 
 
だから、誰でもできないことをしていくんだよ
 
余分な力をそうそう人は抜くことなんて出来ないんだから
 
我々は抜いていかないとね。
 
 

 
そんな俺がきっと一番ガチガチなのでしょう・・・。

 
blogram投票ボタン

スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<動き出した 事象A | 役者ノートブック | 先生、バスケが、バスケができないんです>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |