20年ぶりの再会
2011-09-08 Thu 16:07

再会、いい響きだね。
 
どこから振り返ればいいのかなぁ。
 
今年8月に夏に実家に帰省した。
 
夏にお盆に実家に帰省したのは、10年ぶりくらいのエピソードで
 
当然、夏のお盆しか出合わない親戚がいるんだよ。
 
それは、我が実家の近くにあるお墓へお墓参り来るという事だけど
 
お盆というタイミングを逃すと法事・結婚式などの行事でしか会うタイミングがない方もいる。
 
 
そのタイミングが交差し、懐かしの親戚のおじさんにこの夏会った。
 
そのおじさんはこう言った。
 
「大輔(俺のいとこね)は東京にいるぞ」
 
 
驚いた、東京にいるのか!!
 
何とSE(システムエンジニア)をしているという。
 
SEというと俺の狭い世界だと効果音の意味であって、最初ピンとこなかったが
 
どうやらサラリーマンとして頑張っているらしいのだ。
 
大輔とは、タメであったが実は中学校以来会っていない従兄弟だったのだ。
 
それに会うとしても、お盆のお墓参りの時だけだった。
 
当時、北九州の小倉から来てるという事で、俺にとっては未知数の高い都会の従兄弟だったのだ。
 
都会の子ども、しかも俺と同級生、違う匂いを感じながら毎年顔を合わせていた。
 
しかし、どう接していいのか、なんて思いながらお互い近づいたり離れたりしながら過ごしていた記憶がある。
 
高校生にもなると、大輔はもう山縣家には来なくなっていた。
 
その大輔が、東京にいる!?
 
という事で、おじさんに俺の連絡先を渡し、、、、連絡を待つ事1週間半。
 
大輔から連絡が来た。
 
 
そして、昨日、ようやく約20年ぶりの再会をしました。
 
 
20年!!
 
マジか!と、気後れするくらいの年月に我ながら驚く。
 
メールだけのやり取りで、新宿西口に待ち合わせを決めた。
 
メールだけで相手を見つける、まさに援助交際ばりの駆け引き。
 注)援助交際はしたことはありません、あくまで想像上でドキドキ感を表現しております 

違う人に声をかけてしまったら、かっこ悪すぎる。
 
せめて目印に少年ジャンプでも持っててもらえばよかったか・・・。
 
覚えているのは、少年山縣の目線から見た少年大輔だけなのだ。
 
お互いオッサンの風貌なんて、想像ではなかなか辿りつけない造形になっているに違いない!!
 
あれこれ想像しながら、駅を出て待ち合わせスポットをふわっと見ると
 
いやあ、心配ご無用、分かるね、分かっちゃったね。
 
 
「おお~~~」とお互いに発見して再会!
 
 

いやいや、すっかりおっさん顔だ!!
 
すっかり大人になってしまった。
 
そりゃ、お互い様やけどね。
 
半ズボンだったあの頃の面影はしっかりと残していた。
 
凄いね、熱い20代をお互いスルーして、10代からいきなり30代での再会って。
 
面白いね~~~
 
いや~~~懐かしい話をしながら、その後の人生の流れを埋めあうように
 
話はつきないよ。
 
俺とは全く違う世界で頑張ってて、しっかりと働いて、出張で東京に来て早4年。
 
SEの大変さや、会社での重い、いや想いを色々と聞かせてもらったよ。
 
自分と同じ歳の人が世の中では今どんな仕事をしていてどんな立場にあるのか俺はよくよく理解していない
 
大輔がまさに教えてくれたような気がする。
 
やはり俺は俺で自分の不安定な生活から見るとどうしてもサラリーマンの生活がまぶしく
 
観えたりすることもあり、逆に大輔にとってはこちらがまぶしく見えたりもするんだよね
 
 
そして、一杯飲んだあと
 
大輔が得意とするダーツ(自分で主張していた趣味だったが、本気ダーツを家に置いて練習してるという)
 
で、ちょいと楽しもうという事になった。

   従兄弟の矢
 
かなり久しぶりだったが、ダーツ、面白いねぇ。
 
っていうか、大輔、謙遜しながらもダーツど真ん中の ブルズアイ にザクザクさしていく!!
 
それは練習の成果なのか、ただのおっさんではない事がどんどん明らかになっていく瞬間。 

     従兄弟の矢2

連続3回ど真ん中を刺し、どや顔をしてくる。
 
ナイストリプル!!
 
 
ブルズアイに刺されど、本当の愛(アイ)に矢が刺さらないと時に嘆き
 
大輔の矢は次第に荒れて行ったのは言うまでもない。
 
まず、刺すべき愛を持つ人がいないんだ~~~~!!
 
と隣のカップルたち、男1人に女2人をはべらした若者に、動揺しながら打ち込みました。
 
俺は心の中で世のなかの男女バランスを、この一撃の矢でうまく分配できないのかと

   俺の矢2
 
願いを込めて投げて行きましたが、想い届かず的外れ。

    俺の矢
 
お互いに独身の毒の矢を放ちました。
 
 
いやぁいいね
 
こういうのいいね。
 
 
っていうか、ダーツ、全然負けてしまった・・・。
 
これは特訓の必要がる。
 
今、ダーツを買おうかどか、かなり頭を悩ませています。
 
しかし、本当にたくさんしゃべったし、嬉しかったねぇ~。
 
子供のころですらこんなに一緒に過ごしたり話したりしていないに
 
今だからそ、オープンに楽しめるよ
 
元気そうでなにより!!
 
次の勝負が楽しみだね。 

 

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<先生バスケが、バスケがしたいんです | 役者ノートブック | とうもろこし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |