スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オペラ鑑賞 トゥーランドット
2011-07-08 Fri 01:06
いやぁ、初オペラでした。
 
素晴らしかったよ。
 
今回、ワクショに参加してる渡部友賀子が二期会でオペラを勉強していて
 
今回出演するという事で、どんな世界か生をちゃんと観てみていなぁと思って
 
行ってきた。
 
オペラってチケットも高いしなかなか「軽く行ってみようかなぁ=」ってこれまでなれなかったけど
 
縁があるとふわっと腰が浮くもんだね 

こういう機会をもたらせてくれたことに感謝だね。
 
  
上野の東京文化会館大ホール に猛暑の中行ってきましたよ。
 
 
二期会創立60周年記念公演
東京二期会オペラ劇場
「トゥーランドット」
http://www.nikikai.net/lineup/turandot2011/index.html 

    トゥーランドット
 
俺はなんと!5階席からの鑑賞!!
 
劇団四季で3階席ってのはあったけど、さすがに5階席は初めて
 
まず、その高さにびっくりやわっていう
  
何か思わずダイビングしてしまいたくなる衝動が起こりそうな前方障害物なしの状況
 
全編身を乗り出して、時々オペラグラスを使用しながら
 
まぁ、夏のオペラグラスってことだね
 
    5階席 この扉の向こう別世界
 
 
3幕をしっかりと鑑賞しました。
 
本当にがっちり響いた時の声は、5階席まで届くね
 
それが起きたのは、2幕でトゥーランドットが歌いだした時だった
 
オペラグラスを使用するのをあっさりやめてしまった。
 
境界線がなくなり、観てる俺も共鳴したというか、ふわ~~ってなった。
 
もちろん、事前にこの古典を調べたり参照したりして
 
時代背景と内容をしっかりと把握していたから想いだけを観ることもできたし
 
3幕のリューのシーンは熱かったなぁ
 
ええよ、ええ感じだったよ
 
まさに人が楽器になっていて、、素敵だ。
 
特殊な技術が必要な世界だね。
 
その中でも、ストレートな演技は全然通用するなぁと思えた。
 
ああ、そこまっすぐ欲しい、形だけじゃない、欲しいぞ、って思う箇所は何か所かあったけど
 
音楽が絶えず流れ続けるから、大事な瞬間がもやっといく事もあったような気がします。
 
でも、オペラはそうなのかも。
 
  
 
幕間の休憩中に、1階のオケピを覗きに行ったりもして興奮
 
狭いなぁ、狭いもんだなぁ~~と実感。
 
オーケストラの生演奏もやっぱりいいね。
 
ホールに響くし、シーンを潰さずに素晴らしい効果を生み出す。
 
 

音楽の力、すげぇなぁ。
 
セットもすごかったしね。
 
 
終わって、楽屋口であいさつに行ったら
 
思わずハグしそうになってしまった。
 
アテプリ!をやってるときって、いい演技観たり、熱い瞬間があったら思わずハグする習慣が
 
あったりして、思わずいきそうになってしまった。
 
本番前なんて必ずと言っていいほど・・・
 
意外と社会的には日本はあまりやらなよね??
 
オープンになっちゃうんだよなぁ、こういうとき。
 
まぁそれぐらい「良かったよ~~」ってこと。
 
大勢でぐわ~~って歌うとこなんて、やっぱ重量が音に上がるから
 
おお~~ってなる。
 
そのハーモニーってどこか宗教的というか教会的というか聖歌隊的な
 
神聖なものを秘めていて、どんな言葉であっても
 
どしどしっとくるものがある。
 
人のちからってのは凄い。 

 
   文化会館
 
 
もっと多くの方が鑑賞する機会があればいいなぁと思えました。
 
芸術鑑賞は、想像力を豊にする上で本当に大事なこと。。。
 
  
 
西郷どんの銅像にも挨拶をようやくしました。
 
 
つぎはどんな作品に出会う機会があるか楽しみだね。


 
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<密会 | 役者ノートブック | 「LOST IN」英語字幕版 YOU TUBEより公開>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。