ショート・ムービー「LOST IN」撮影風景展
2011-06-17 Fri 00:43

さて、絵本原画展も終わり
 
今度はいよいよ、6月19~30日の間で

ショート・ムービー「LOST IN」撮影風景展
 
を開催します。


  lost in 写真展
 
石田宅司さんに英語字幕作成と英語紹介文のご協力をいただき、
 
「LOST IN」英語字幕版を6月22日、Youtubeに公開する運びとなりました。
 
英語字幕版により、さらに国内から国外へと
 
この作品が飛び出して行くことになります。
 
その公開記念と合わせての撮影風景展となります。 

 
     

ショート・ムービー「LOST IN」撮影風景展

  撮影中の神楽坂

詳細は下記、公式ブログから確認下さい。
※山縣の廊在時間を記載してます、予約制となっていますので下記ブログからお願いします。
⇒ 
http://2010lostin.blog136.fc2.com/


スティール撮影:nao 
参照:廃墟サイト「街の輪郭」管理人
http://town00alive.web.fc2.com/

 
彼の視点から切られた写真が展示されます

開催期間:6月19(日)~30日(木)

場所:珈琲茶房 耕路 階段ギャラリー
★絵本原画展と同じ場所です。
(池袋駅東口) 西武前「マツモトキヨシ」と「ドンキ」間の道を入って、右手すぐ。

  耕路地図

営業時間
   平日 7時30分~23時00分
   土曜 9時00分~23時00分
   日曜 9時00分~21時00分
 
     
 
既に初号試写会、あるいはYOU TUBEでご鑑賞の方も多いかと思います
 
撮影からほぼ丸1年がたちました。
 
撮影中、スティール撮影を裏側からしてもらっていました。
 

「LOST IN」公式ブログでも何点かご案内はしてますが
 
公開されていない写真もいろいろあります。
 
 
初メガフォンを取って、苦悩しながらも意気揚々と撮影に向かうシーンが
 
きっと観れるのではないかと思います。
 
そんな山縣の背中を、写真というまた違った媒体で覗いてみて下さい。
 
大変な面もありましたが、この作品を生み出せて、そして監督という仕事をできて
 
よかったと今も感慨深く胸に感じます。
 
 
この作品による多くの出会いにも感謝せずにはいられません。

多くの「つながり」を生んでくれました。
 
もちろん、これからもそこからまた動き出すでしょう。
 
 
英語圏の方、また、英語を知る海外の方から
 
どんな視点でこの日本の作品をとらえるのか、ひとつの楽しみです。
 
 
お時間ありましたら、 
どうか、よろしくお願いします。



山縣有斗


blogram投票ボタン
スポンサーサイト
別窓 | 映像作品のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<これからと | 役者ノートブック | どろぼう>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |