スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
まとまらん
2011-03-19 Sat 00:10

計画停電や、企業の調整、各個人家庭の節電のおかげで
 
供給電力はなんとか維持できたって、これは意識として凄いことだよね
 
東京でも揺れはまだまだあるし
 
電車の運行も調整中でもあるし
 
被災者の状況も、物資が少しずつ行き始めたばかりだし
 
原発問題は、これからどこに向かって、どうなれば幸いのなか分からないし
 
今が応急処置であることには変わりない
 
それでも、それぞれが自身の家族や仲間の痛みを伴いながら
 
必死で応急処置をすすめている
 
本当に本当にありがとう、だ。
 
 
気が付けば、あれから1週間、、、
 
もう1週間か、、、早い。
 
 
1週間でも、これほど油断できない1週間は初めてだった。
 
テレビはいつの間にかバライティ番組が流れていて
 
さっき、さらっとそれを観ていたら、なんだか違う世界に居たような感覚に襲われた
 
街は暗く、節電の世界、喪失感を伴う中
 
テレビは違う世界を映し出していて、、、連日悲劇を伝えていた様子は一瞬遠くへ消えた
 
なんだか、妙な感覚だった。
 
不謹慎とか、そんなんじゃないけど、あれから1週間が・・・
 
すぐにあれから1ヶ月となって・・・
 
あれから1年・・・
 
と移り変わってしまう気がして、それはそれで積み重ねだけど
 
被災地が改善、復興していくのには数年、数十年かかるというのに
 
当事者意外はやがて遠のいていく気が既に感じられて、、、
 
自分にも感じられて、ちょっと怖かった。
 
 
思い出せば、阪神淡路大震災の仮設住宅の取り壊しがあり
 
行き場を失った方々が、最期はどこへ行ったのか、俺は全く知らない。
 
長い間あった仮設住宅で、行き場のない老人たちが、、、
 
 
原発問題も現在進行形で非常事態であるにも関わらず
 
情報があまり入ってこない
 
それより気になったのは、首相が1週間ということで声明を出すという話。
 
これを報道したのは、、、NHKだけだった。
 
一国の主が(たとえ認めてなくても、評価してなくても、他党を支持していても)、
 
必死に対処をしながらいて、そして声明を出すのに
 
他はドラマやバライティが流れていた・・・
 
僕らは日本というコミュニティ意識がありながら、、、
 
一国の主の声明に対しては、放送が優先されないコミュニティに住んでるだね。
 
大事じゃないのかなぁ。
 
もちろん、内容は、、、全然大したことでもなく、「頑張ろう」という呼びかけだったけど
 
頑張って節電して、大停電を回避した人たちや
 
被曝の危険を顧みず対処をしている人たちや
 
募金をしたり、NPOと連絡取ったり、物資を送ることをしたり
 
そんな、何かをしたいと思っている人が多い中
 
民放が首相に背を向けている状況のような、そんな気がした。
 
注意の集中はもちろん首相じゃなく、被災地にあるんだろうけど
 
おのおの勝手に動いてできることじゃないから
 
・・・なんだか、よく分からなくなってきた。
 
  
このブログには答えはないけど、批判ではないけど、妙な気分になった。
 
なんだか、妙なんだよ。
 
 
円高もそう・・・。
 
この状況下、マネーゲームが起こっていて
 
そんな世界であって、世の中であって、そうして儲けた人たちがいて
 
それをさらに投資して、株があって、企業があって、その企業が義援金を出すっていう
 
みょうなからくりがあってね、企業が義援金出すってことは、そこで働く人がいて
 
「あれ、俺、被災地のために何かしたいのに、何でこんな仕事してんだろう」って
 
思っていたとしても、それはちゃんと被災地のためにもなっているという構造もあって
 
 
やっぱり、この社会構造は健康的でないけど、当たり前になっちゃっていてさぁ
 
 
妙なループに勝手に頭を悩める俺がいます。
 
 
アメリカでハリケーンのカトリーヌが襲ったとき、、、
 
被災地では救済が遅れ、貧しい地域だったわけで、住むところを失った人たちは 
 
水ひとつで高額な支払を要求されたり
 
あるホテルなんかは通常数千円の部屋を、数万円要求されるという
 
まさに商売とされてしまった状況もあったという
 
個人主義が行き過ぎた状況を生んで、道徳心が遠いお話になってしまっていた
 
 
日本は、道徳心をもった対応で、俺はすごいと思う。
 
ほんと。
 
そして、今思うのは、舞台人、俳優、アーティストとして、
 
まだ勇気みたいなもんを人に与えるとか言ってる状況じゃない
 
ということ。
 
まず、被災地の人の状況が改善されることが最優先であって
 
衣食住が少しでも改善されることが優先であって・・・
 
寒さを暖房器具なしで過ごしたり、食料がない状況で過ごしたり、
 
医療機器がない状況で寝込んだりしている、そんなままで必要なのは
 
・・・暖房区具や食料や医療品。
 
その中で、公演を延期したり中止にされた劇団や団体に、ほっとします。
 
 
さて、この中において、自身、役立てることをこれから見つけて行きたい。
 
 

スポンサーサイト
別窓 | うむむ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<絵本的創造 #1~4 | 役者ノートブック | まわる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。