花粉と丼と俺と
2011-03-09 Wed 00:51

花粉が俺の中で花咲いてきており・・・
 
目薬だけで、日々勝負をしており・・・
 
それはも、くしゃみ×5連発 みたいな時があり・・・
 
そんな時は、息を吸う暇もない
 
よくもまぁ、こんだけ吐き出す空気を吸っていたよなぁって思うくらい
 
連続のくしゃみはすげぇ身体にこたえるんだよ。
 
花粉は、俺の事を一方的に好きんだね。
 
俺は、お前のこと好きになれんのよ。
 
だから・・・あきらめて
 
 
身体が花粉を拒んでるから、くしゃみや鼻水が出るのにね
 
あいつら、マジで諦め悪いよなぁ
 
拒んでも一方的に、当たり前のように、土足で入り込んでくる
 
まるで、ストーカーのようだ
 
大人になって知る、社会ルールのように、拒んでも入ってくるレールのようだ
 
俺はもう、へとへとだぁ
 

 
 
これは、精をつけなければなりませぬ!

 
そう思ったわけ。
 
 
この『なりませぬ!』
 
ってね、なんか着物着たお姉さんが、俺の後ろでガッツポーズをとって言ってくれる
 
そんなイメージね。
 
こう、日本男児よ、いや長州の山縣よ、負けてはなりませぬ!
 
みたな、『うちはあんたのことぉ、応援しとるんでっせぇ』みたな
 
そんなお姉さんが俺の心の中で言ってきてるような気分で(どんな気分やねん)
 
ちょっと晩御飯に力を入れてやろうと思いました。
 
 
だから、はりきって、ニラと豚肉ともやしを購入!
 
俺の大好きな『すた丼』を越えたスタミナ丼を創作してやりました。
 
麺つゆで炒め、にんにくをぶっこみ、みりんを少々、こしょうを少々、
 
焼肉のタレ少々
 
少々と言いながら、さんざんいろいろ入れたのに、
 
結局、最後に入れた焼肉のタレがもってく感じが否めない・・・
 
お前の存在感はお強い、お強いよ。
 
そして、ごはんの上に盛って、溶き卵をぶっかけ完成!
 

   山縣丼
   ※見た目は言うな(お約束)
 
はかないもので、二度と同じ味は作れないことを知っていながら
 
何代目かにもなる、『山縣丼』を完成させ
 
 
 
無事、大盛り二杯、完食!
 
 
 
ぶっちゃけ、すげぇ美味かったぁ。
 
俺、料理センスあるわ、やっぱり。
 
だてに独り暮らしのレールを走ってないわぁ。
 
ちょっと感動して、腹もいっぱいになって、最高の高揚感。
 
ふぅってなって、食後の絶妙な大人の嗜好品『タバコ』で
 
さぁ、一服しようって窓を開けた瞬間
 
 はっくしょん
 
 
うう・・・なんやねん。

 
blogram投票ボタン 

スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<西加奈子 | 役者ノートブック | 現場でGO>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |