スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
バンドあれこれ
2011-01-11 Tue 01:41
MR.BIGが復活してた。
 
驚いたよ
 
って知らない人も多いよね?
 
ハードロックバンドのMR.BIGは、俺の青春も駆け抜けたバンドのひとつ
 
2枚目のアルバム
『LEAN INTO IT』

3枚目のアルバム
『BUMP AHEAD』
 
なんてのは、もう殿堂入り的に、俺の中でへヴィローテーションだったよ。
 
5枚目くらいから、ちょっと俺の気持ちが離れてしまって、
 
メンバーも抜けたりしたのかな
 
で、気が付けば2002年に解散したっていう。
 
実は、聴かなくなったのにアルバム出る度に購入してたんだよなぁ
 
ついつい気になってさ 

ヴォーカルのエリック・マーティンがどんどんねちっこい歌い方になってきて
 
ちょっとねっとりし始めて、アイドル的に日本でなっちゃってて
 
気持ちが離れてしまったけど
 
 
復活してアルバムが出たとなれば、ああ・・・気になるなぁっていう。
 
 
今やハードロックとの距離が空いてしまったけど
 
ポストロックにハマってるから
 
 
でもね、2年前にGUN'Sが復活した時も興奮して買っちゃったしね
 
やっぱ、しびれるんだよなぁ
 
音と声と聴くと、わーって!!
 
一度解散したバンドが、ある時オリジナルメンバーで復活した日には
 
もう興奮してしまう。
 
自分の、「あの頃」にちょっと戻っちゃうんだろうね。
 
その感覚は絶対あるし
 
それでも、そのバンドが今あり続けることに元気をもらうことができるっていう。
 
 
なんか、バンドの人間関係ってこじれていくもんだなぁってすげぇ感じさせられた
 
当時、好きなバンドが解散したりすると物凄いショックで泣きそうだったもんね
 
 
その点、AEROSMITHの復活快進撃はもう鳥肌もので
 
エアロスミス大ファンになり、LIVEも2回ほど行って感動しまくりだった。
 
今も偉大なバンドだよ、ほんとに。
 
あとあ、EXTREMEもいつの間にかオリジナルメンバーで復活してたし
 
これもまだ聴いてないけどね。
 
NUNOのギター炸裂、やっぱセカンドアルバムは最高だったよなぁ
 
ギターソロの一部を実はアテプリ!の舞台の「マイハマ・バイス」で使用してるんだけど・・・
 
 
 
10代後半から20代前半にへヴィローテーションだったHRバンドはもう、
 
あまりに聴き過ぎて聴き飽きてしまって、今でもたま~に聴くとすぐおなか一杯になる
 
でも、当時の想い出付きで蘇るサウンドは身体と心に沁みてるなぁって思う
 
音楽ってそうだよね
 
沁みこむんだよね。
 
この表現が正しいかも。
 
沁みこんでるんだよ。
 
 
独りライナーノート観てさぁ、英語歌詞を翻訳したり翻訳された歌詞を観て
 
おお!って感動したり、違う意味もあるんじゃねぇのって興奮したり
 
それがあって、大学は外国語学部英語学科なんて行ったりして
 
英語とも深くその時は結びついてたんだよね。
 
 
洋楽って、英語もメロディがしっかり聴けて、それが一体だし
 
スーって音楽そのもののよさを感じたりするんだよね
 
邦楽って、歌詞が日本語だから日本語を聴いてしまってて
 
音楽そのものを一体として聴くのが妙に難しかったりした
 
アンチ邦楽って気分になった時もあったけど
 
邦楽もいいものはいいよね
 
 
MR.BIGの復活アルバムを購入するかは分からないけど・・・
 
でも、なんか嬉しいので報告。
 
金銭的な理由で復活ってのもあったりするのかもねぇ
 
 
金銭でなく琴線に触れたあの感覚を・・・
 
もう一度、思い出したいもんだ。
 
吉報として、ちょいと元気になる。


blogram投票ボタン



スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイガーマスク | 役者ノートブック | 時代のアーティスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。