タイトル解禁
2010-11-03 Wed 02:01
皆様、お待たせしました。

今回の映像作品~短編映画~のタイトルを公表します。

  

 LOST IN

     『LOST IN』


  
いよいよ、ヴェールを脱ぐ時が迫って参りました。

初号試写会を12月に予定しております。

詳しい日時は、近日中に報告させて頂きます。

小さい場所ながら、

ゆっくりとコミュニケーションを取れる場所を準備していますので。

どうか、12月を少しだけ頭においておいて下さい。

 

時間がかかっておりますが

この『LOST IN』が、多くの方の目に映ることを願って止みません。

辛抱強く待って下さってる皆様の目に映る日を心待ちにしております。

 
短編映画を作ろう

そうずっと思っていました。

そう思った時から題材をずっとあれこれ今年の春に考えていました。

そして、自分が好きな映画を何度も見直してみました

そこから、ここ最近の自分の舞台作品を見直してみました

ちょっと新しい挑戦があっていいなぁと実感して

今回の作品が、胸の中からにょろって感じて生まれました。

 

このタイトルが示す意味は、、、

辞書で調べたらきっとすぐわかると思います。

『LOST IN ~~~』ってタイトルの映画も実はいろいろありますよね

 

あ、今、ここだ、っていう衝動が動いて

この作品は、凝縮されました。

変に狙ったものじゃなく、奇をてらったものじゃなく

衝動からにょろって生まれた

このご時世だからこそ、にょろっと生まれた人物が、

あなたの前を、にょろっと歩いていきます。

その人物が歩く、東京のとある街が、とある生活が、とあるつながりが

背中を通して感じられると思います。

これが共感なのか、反感なのか、不審なのか、不安なのか、希望なのか

楽観的なのか、悲観的なのか、それは、、、誰にも分からない

でも、誰かがわかる、ことだと思います。

 

凄い抽象的な案内でごめんさない。

でも、この作品が白いキャンパスに、衝動からベチャって絵具をなぐりつけた

そんな作品でもあります。

大衆的なものでないからこそ描ける衝動があります。

どうかこの小さい作品のカラーを

多くの方に見てもらいたい、そう願っています。

 

ですので、12月の称号試写会に多くの方が興味をもって足を運んでくだされば

本当に嬉しい。

そのための準備をまだすすめていますが、

どうか、よろしくお願いします!!

 

blogram投票ボタン  
スポンサーサイト
別窓 | 映像作品のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<コラム:セクハラサイコロをふる | 役者ノートブック | コンテンポラリーダンス>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |