アテプリ
2010-10-26 Tue 01:29
今日は、久しぶりにアテプリ!メンバーと再会。

そして、会合。

9月まで、それぞれがそれぞれの場所でダンスに演劇に力を注いできて

10月に入って、この下旬にようやく再会。

 

久しぶりだったけど

山村誠二、かなざわさちの2人の顔がみれてよかった。

急激な山縣舞台活動休業宣言を、

しっかりと受け止めてくれて

これからの話をする事ができました。

 

 

おって、また報告しますね~。

 

色んな演劇があって、世の中、特にこの東京には

次から次へと、容赦なく忙しく、劇団が旗揚げされ、

次から次へと、公演に向かっていく

小劇場は、現在、予約もキャンセルされてるところも多いとも聴く

一般の人の演劇離れ・・・

観客が演劇人ばかり・・・

そんな中でも、もがいてる劇団がたくさんある。

しかし、大事なのは、何だろうね。

もがき方ってのもあるよね。

俺にとってだけど

飽くまで俺にとってだけど

いい演劇って、マジ一目瞭然で

好みもあるけど

実は、結構、一目瞭然で

その一目瞭然を知る機会もなく、観る機会がなく

知り合いの演劇を観て疲れて、

ちょっと頑張ってる姿を観て、

何かちょっと笑って

なかなか楽しかった

或いは、もう演劇はお腹いっぱいだ

ってなってしまう人たちが本当にもったいない

このライン、、、、実に多いと思われる。

 

でもね

 

あるぜ

ここにあるぜ

 

って、言いたくて、言いたくて、しょうがなくて

 

アテプリ!が築いた山は、いい山だぜって

知ってる人口が少ないかも知れないけど

やっぱりいい山だぜって

 

やっぱ生で観てアテプリ!を体感してもらって

その人たちの目を観て、逆に俺はどれほど感動しただろうか

目の奥から動いてる感情を掴んだとき

この山を見つけてくれてありがとうって思うんだよ

 

逆に観に行って、そんな目をしたお客様はあんまり見かけないんだよ

俺もそんな目になれなくて

一目瞭然なんだよ 

 

ちゃんと、いい山築いてる劇団もいて

その映像が全国区でたった1回放送されるだけで、全てが変る

たったそれだけで・・・

たったそれだけで、全てが変る力を持っているのに

地下にもぐりかけてる演劇界にのまれそうな山が悲しい。

 

多くの人数集めで多数が出演する舞台や

タレントを筆頭にお客さんを稼ぐ流れが続いてて

芸術的な山が埋もれていくのは悲しい

 

 

そんな山にならないよう

どうやら準備期間、充電期間が必要なのです。

 

久しぶりに3人で飲んで楽しかったなぁ、しかし。 





 blogram投票ボタン  

スポンサーサイト
別窓 | アテプリ! | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<電子タバコ、もらいました。 | 役者ノートブック | 新米>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |