スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
秋のかおり
2010-10-23 Sat 01:11

 
電車にのって吊り革を持っていると
 
何かくさい奴がいるなぁと思って、
 
今朝の電車での自分の立ち位置に後悔して
 
何度か必死で身体をそらしていたら
 
俺の胸元から、、、
 
すげぇ臭いが漂ってきました。
 
 
ああ・・・。
 
 
 
ちょっと寒くなってきたよね。
 
なので肌着を!と思い、今朝慌ててタンスの引き出しの奥にある
 
ユニクロの定番「ヒートテック」の長袖Tシャツを引っ張り出し
 
さっそうと家を出た。
 
 
そして、その数分後に俺の鼻を刺激したのは
 
まさに、そのヒートテックだったのだ!!
 
 
それはそれは、とても香しく熟成されたタバコのヤニの香りと
 
うっすらと残っていた春の汗が半年の期間を経て完熟したような
 
臭覚の鋭い動物なら瞬殺できるであろう臭いを
 
俺は放出していたのでした。
 
 
 
微妙に・・・懐かしさすら感じられてしまうほど、厳しい臭い。
 
 
 
身体は微妙にかゆい気がしてくるし・・・
 
絶対絶命な1日を過ごしてしまった。
 
脱ぎたかったけど、換えのヒートテックがあるわけでもなく
 
身体をできるだけ風通しよくすることで精一杯だった。
  
 
 
今朝、あの時、あの場所で、ドラゴンボールがあったら、
 
「ヒートテックをフレッシュにして下さい」
 
と願っていたでしょう。
 
この願いは、ドラゴンボールで最初に願いを叶えたウーロンの願いに匹敵すると思う。
 
確か・・・
 
「ギャルのパンティおくれ!」
 
だったと思う。
 
それはそれで欲しいんだが・・・
 
とにかく今日ドラゴンボールがたまたま揃ったら俺はきっと
 
地球の平和よりも第一に考えてしまったでしょう。
 
だから俺のようなモノに権力を授けてはいけない、という事ですね。
 
 

みなさん、衣替えに注意!
 
 
blogram投票ボタン  

スポンサーサイト
別窓 | うむむ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新米 | 役者ノートブック | SunSunWorks映像化>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。