スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2010-10-19 Tue 00:55
今日、雑踏の中で観た。
 
 
何かが急にふわっとフラッシュバックする。
 
 
3人の男の子の兄弟が
 
同じTシャツ、同じズボン、同じ髪型で、遊んでいた。
 
どっからどう観ても兄弟。
 
長男がきっと小学校3年くらいで
 
次男がきっと小学校1年生くらいで
 
三男がきっと保育園くらいで
 
ペアルックならぬ、トリプルルックだった。
 
ひとめで兄弟と分かるルックス。
 
ホントに似てるんだなぁ・・・・と感慨深く観てしまった。
 
 
 
3人が時間をつぶす様にガードレールそばで遊びながら
 
母親は携帯片手に仕事らしき電話をスーツ姿でしていた。
 
 
 
急に、自分の兄貴2人のコトがふわっとフラッシュバックする。
 
小さい頃から、『3人とも良くにちょ~ね』と色んな人たちに言われてきた
 
そう言われても、何が似てるやら、全然分からなかったし
 
どうリアクションしていいのかすら分からなかった
 
似てるとさえ思わなかった。
 
 
今日見かけた兄弟たちを観る、人の目は明らかに
 
「似てるなぁ~」
 
という言葉を飲み込んで通りすぎているかのようだった。
 
 
俺も、言葉に出したくて出したくてたまらなかった。
 
そうか、みんな言いたかったんだね。
 
「似てる」って何か、観てる側も嬉しくなるんだ。
 
 
 
 
中学生にもなると、似てる、って言われることがそのうちどこか恥ずかしくなった・・・
 
でも、似てるのって当たり前だよなぁ
 
似てない方が不安だなぁ
 
 
恥ずかしいなんてコトは、何一つない。
 
 
 
今日出逢った東京の3兄弟たちは、弱冠ロンゲ風ボブカットで
 
ちょいと洗練された。
 
俺たちは、坊主頭でマンガ日本むかしばなしのエンディングのような子供だったから
 
絶対、俺たちの方が可愛かったはずだ!!
 
なんだ、この対抗心。
 
 
 
東京3兄弟も、可愛かったよ。
 
仲良く、育って、巣立って欲しいね。
 
その長男も、なんか兄貴として、弟を観てたし、真ん中も、兄と弟を気にしてたし
 
末っ子は自由に見えた。
 
 
末っ子が、俺と妙にだぶる。
 
俺が末っ子だからだけど
 
何か、末っ子は、『安心』を一番貰っている気がして
 
俺は、確かに、一番『安心』を貰っていた感覚が、ふわっと蘇る。
 
 
ガードレールに足を掛ける末っ子に、兄貴が軽く心配しながら観てるし
 
真ん中も、それに加わるものの少し遠慮気味で、
 
末っ子は何も考えずに足を広げる
 
 
親の教育や、家庭環境もあるだろうけど
 
この東京3兄弟は、俺のある日の影を観てるようだった。
 
 
兄貴がいるということは、どこか心強く
 
遠くにいても、一人っ子よりも安心を感じられてるんだろ
 
 
 
何をするにも、少し目を離さないでいてくれていた気がする。
 
うちの兄貴もそうだった。
 
今だって、あんまり会う機会もないのに梨を送ってくれる
 
真ん中とはほとんど連絡取ってないけど、、、
 
家で真ん中の兄貴と2人だったとき、
 
腹減ったか?って、俺につくってくれたチャーハンを俺は忘れない。
 
今でも思い出す。
 
すげぇ嬉しかったんだよ。
 
 
俺は兄貴たちにチャーハンすら作ったこともない。。。
 
 
なんだか、不思議だ。
 
 
 
東京で独りになって、俺は『安心』と『危険』を行ったり来たりしている。
 
『危険』は、いろんなとこに潜む。
 
『安心』という空間にどっぷり浸かって生きてきた人は
 
『危険』という『刺激』を楽しむかのように、茨の道に進むものなのか。
 
 
それでも、ずっと東京で『危険』の森に住むと
 
ただ、ただ、『安心』が欲しくて欲しくて
 
支えが欲しくて、欲しくて
 
求めるばかり、、、
 
逆に『安心』を与えることが俺にできたことがあっただろうか
 
誰かに、そう思われたことがあっただろうか
 
 
 
そんな『力』が俺には備わってないかもしれないね。
 
 
 
俺には、、、
 
 
 
在りし日の兄弟たちの、まなざしが想い起こされた。
 
今でさえ、感じられる兄貴の心強さ
 
俺は、他の誰かにそれができてたら嬉しい。。
 
 
東京3兄弟たちも、20年後、何を感じるだろうか。
 
どうか素直に、道徳心を。
 
 
 

 

blogram投票ボタン  
スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<結局、アール座読書館 | 役者ノートブック | EN>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。