fc2ブログ
転寝の夏
2010-08-02 Mon 04:37

しまった、6時間の転寝をしてしまったよ・・・。
 
もう朝の4時やないか。
 
8月いっぱつめから、この感じはなんなんだぁ。
 
 
夏は素直に、俺のからだの疲れを教えてくれてるね。
 
 
 
昨日、急遽、隅田川の花火を観にいったよぉ。
 
隅田川花火大会だね。
 
都会の真っ只中から観る花火もまたええもんやなぁ。
 
凄い人だったけど。。。
 
 
両国の方から歩いてポジションを見つけてって
 
けっこう歩いて、気がつくと汗ダク。
 
こんなとこで見えるか!?って場所に人が座ってたり、立ってたり
 
警察が誘導していたり
 
 
花火が始まったというのに、最初全然見えないからひたすら歩き
 
2部が始まると、やっと観えるところをゲット!
 
ってか、立ちっぱなしだったけど
 
観た!
 
日本の夏。
 
俺の夏。
 
緊張のない夏!
 
 
声だしまくりで感動してしまった。
 
街灯がなければいいのになぁ~と思っていたけど、花火を目にすると
 
そんなことはあまり気にならなくなっていって
 
職人たちの素晴らしい演出に、
 

「おお、おおお、おおおお~~~、ああ~、うわぁ~」

 
   
花火
 
って、素直に大声を出しまくりだったね。
 
大砲の音のようにお腹に響く爆発音!(大砲の衝撃知らないけどね)
 
花火がパチパチなる音。
 
全身全霊で感じてしまった。
 
 
警察が「立ち止まらないで下さい」と遠くで叫んでる声も聴こえてくる。
 
ってか、感動してまう迫力を前に止まることができない人たちはある意味悲劇!
 
本当に感じてしまうと人は立ち止まってしまうものだ。
 

   
散る光  

色とりどりに散らばる光。
 
彗星のように広がる光。
 
向こうから手前に飛び出してくるような勢い。
 
迫ってくる光の輪。
 
 
いやぁ、芸術だよ、これは。
 
テレビじゃなく、生で観るべしだね。
 
 
かのピアニストのフジコ・ヘミングが言っていた。
 
「自分の感性にあったものが芸術なの」
 
この「~なの」って言い方が優しくて素直で好きなんだけど
 
花火は多くの人にとっても芸術だよね、きっと。
 
いい感じだ。
 
まぁフジコさんが言うのは、フランス人はそんなふうにして芸術と出会い
 
自分の感性にあっていれば観るし、購入するって。
 
有名・無名は関係なく、自分が「いい」と感じたものに敏感なのだ、と。
 
フランス人はしならないけど、自分が素直にいいと感じたものは素直に感動の声をあげよう。
 
俺は相当うるさかったと思うよ。
 
 
自分の感性に響いたものはドンドン取り入れよう。
 
 
帰りは、地元で激辛ラーメン、中本の蒙古タンメンを食す!
 
もう、毛穴という毛穴から汗がでるでるでる。。。

夜だけで花火とタンメンとで、一日分の汗を全部出しまくりました。
 
   
蒙古タンメン かれ~~~~
 
 
だから、それ疲れを引きずって、6時間強の転寝をしてしまったんだね・・・。
 
もう、転寝じゃねぇじゃんって普通の睡眠じゃんっていう。
 
さ、風呂入ろう。
 
 
 
blogram投票ボタン 

スポンサーサイト



別窓 | 芸術 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<リレー | AritoArt3 (旧役者ノートブック) | 自己とレーニン>>
この記事のコメント
初めてコメント(&お邪魔)します。
隅田川の花火大会、行かれたんですね!
私も2年前に隅田川花火デビューして虜になった1人です♪隅田川の次は、秋田の大曲の花火大会がオススメですよ☆
2010-08-02 Mon 20:27 | URL | かついけ #-[ 内容変更] | top↑
◆かつけい
おお~、マジでコメントくれた~。
ありがとう

虜になっちゃったのね、今年は行ったの?

っていうか、秋田は無理だろぉおお。
秋田出身だったのかな?

こんな感じのブログ、よろしく!
2010-08-04 Wed 12:42 | URL | 有斗 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| AritoArt3 (旧役者ノートブック) |