新聞
2010-05-23 Sun 00:54
アメリカの新聞社がどんどん潰れてるんだってねぇ。
 
各州で倒産になって新聞社が多数・・・。
 
今回、話題になったのが
 
アメリカ第2位の新聞社(発行部数第3位)のトリビューン紙


よく知らないけど
 
日本で言えば、読売新聞とか毎日新聞とか朝日新聞がTOP3だと考えると
 
今回のエピソードはデカイね。
 
 
新聞って消えてしまうんだ・・・ってちょいと驚き。
 
長引く不況に、広告費で収入を得ていた新聞社だったが
 
広告費を出せない、出さない企業が増えてしまい、予算がなくなったという
 
その分、情報を集めることもできなくなり
 
さらには人件費を削減して、少人数になったため
 
新聞の記事が希薄になっていき
 
記事を書く人が減り、広告スペースもほぼなく、しょっぱい新聞に
 
なっていったという。
 
 
映画でよく観た
 
新聞配達の少年が肩掛けカバンで走りながら
 
家の戸口に新聞を投げるってシーンも
 
伝説になるんだろうなぁ
 
 
 
 
ネットで今は新聞を確認する、情報を確認する時代でもあり
 
今年のピューリッツアー賞は初のWEB記事から受賞だってね。
 
※ピューリッツアー賞とは?
ピューリッツァー賞は
、新聞経営者ジョセフ・ピュリッツァーの遺志に基づき1917年に創設されたアメリカの文化賞。ジャーナリズム、文学、音楽の優れた作品に対して年1回、4月に贈られる。
特にジャーナリズム(
報道)分野でも1942年に設置された写真部門は、報道写真において最も権威ある賞で
ある。
 

i Padも今後普及すると、本がWEBになって
 
新聞もWEBで確認するようになるのかなぁ~近い将来。
 
紙という媒体を大量消費する国々おいて、環境にはよいことになるよね、多分。
 
特に日本だと、紙の質がいいものが多いから
 
 
でもねぇ、新聞って、やっぱ紙な気分だよなぁ
 
本もねぇ、どうしたって紙なんだよなぁ
 
WEBで漫画が読めたりもするけど、なんか馴染めないんだよね
 
 
で、新聞ってね読んだ後は役立つしね
 
ハムスターのゲージの中でも利用できるし、
 
湿った靴の中でも乾燥に向けて使用できるし、
 
引越し時のお茶碗たちを保護してくれるし、
 
ゴキブリが出たときもまるめて叩けるし、
 
小道具に色を塗るときに下敷きにできるし
 
風呂を焚くとき、付け火として役立つしね。
 
 
俺は、こんなに利用してたんだね新聞を。
 
新聞はとってないけども。。。実家では毎日新聞だったよ。
 


さてさて
 
俺が小説を書くときは、WEBか紙か・・・
 
ううん、どうでしょ~
 
その前に書くのかなぁ
 
 

 blogram投票ボタン

スポンサーサイト
別窓 | うむむ | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<メッシ | 役者ノートブック | 渋谷、時々雨、でも晴れ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
acer Aspire One AO532H 10.1インチWSVGA サファイ... …
2010-05-28 Fri 17:20 これ欲しい
| 役者ノートブック |