fc2ブログ
月の子供、初日、2日目を終えて・・・
2007-02-09 Fri 01:15

いや~初日は緊張しましたね。


妙な高揚感というか、何というか、ね。


大人数でいる分、逆に誤魔化せない事や、ちょっと乱す事も許されない訳で。。。


例えるなら、全校集会で独り座ったり、首を動かしたりすると目立つように・・・。


だから、変な緊張が物凄くあった。


アンサンブルというのは、本当気が疲れる。


    このように俺はいた
このように俺はいた
     このように俺はいた


それでも、遂に本多劇場に降り立った。


演劇の神様は舞い降りたのだろうか?


それは、お客様のみぞ知る。


初日、神主さんを呼んで、お払いをしました。


ゼンマイ仕掛けのような神主さんの動きに笑いを噛み殺す俺。


罰当りな想像をたくさん頭に浮かべてしまった。。。


そして、神主さんは、メインの役者さんやプロデューサーの名前を読み上げるのだが、


「そーしゃるぷろでゅーさー」


とあのお経のような口調で読み上げた時は、かなりの違和感があった。


まるで、坊さんがスクーターに乗ってる姿を見た時のように。



さらに、続々とロビーに並べられる花、花、花


これほど多い花を観たのは久しぶり!


著名人の方々、業界の方々から物凄い数の花が並び、フロアを埋め尽くす状態。


取材の数も多し。


改めて、この舞台に立つ大きさを感じた。



それもあり、緊張感は高まった。



いざ、本番が始まると、照明と俺の体温の暑さで身体の毛穴という毛穴から汗がドゥルドゥルと・・・。


舞台上では、お客さんの顔が以外とはっきり見える。


でも、照明が強く、ステージの上にいるという実感が今まで公演して来た小劇場よりも感じられる。


ステージという意味でね。


天井も高いので、その広がるスペースに気分が楽というか、ほんわかする。


これが、本多かぁ。


  俺はひとつの影のように、そこにいたぞ~
俺はひとつの影のように、そこにいたぞ~
   俺はひとつの影のように、そこにいたぞ~


舞台袖で、待機しながら何度も何度も天井を見あげて、その気分を感じる。


初体験の「初」というのは「もう二度とやってこない」


俺は今、この本多劇場において「初」を体験している。


アンサンブルという立場も「初」を体験している


注目度も「初」を体験している。


「初」だらけ。



2日目を終えて・・・。


俺は「2度目」を体験した。


色んな「2度目」を体験した



妙にアンサンブルの人達が、仲間なんだなぁと感じる事が増えた。


どこか、相容れない部分があったりもしたが。



明日は「3度目」を体験しよう。





スポンサーサイト



別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<公演、折り返し地点。 | AritoArt3 (旧役者ノートブック) | 下北沢演劇祭、ON THE STAGE!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| AritoArt3 (旧役者ノートブック) |