家庭料理的
2010-02-20 Sat 00:58

家庭料理・・・

なんだ、この甘い、魅惑の響きは・・・

永遠の憧れ

暖かさ

 

今日は、またもやアテプリ!VOL.5「JUN AI CODE」舞台映像編集

撮影し編集もしてくださってる高橋監督の自宅兼作業場へ

MACのPCの前で、最終的な提案とお願いをして

それに手際よく応えてくれる監督。

 

オープニングの部分だけで最終的な編集が1時間近くかかったり

ラスト部分で、PCが何度かフリーズしたり

気がつけば4時間近く

 

そんな中、監督の息子さん(ポケモンカレーが好き)が挨拶に来たり

奥様が珈琲とお菓子を持ってきてくれたり

その珈琲カップやお茶菓子の入れ物を観てると

俺は家庭にお邪魔してるんだなぁって、ふと気がつく。

そうなんだ、俺はパパの仲間でゲストなんだ。

っていう感覚。

息子さんにしてみれば、そんな風に写ってるだろうなぁ。

何度か作業場に息子さんが顔を出してくる、毎度だけど。

それはパパに構って欲しいっていう事なんだろうなぁ

それと異邦人の俺が気になるだんろうなぁ、なんて。

 

そして、晩御飯も御馳走になりました。

林御飯⇒ハヤシライス。

作業場にわざわざもってきてくれました。

 

大事なのはここから。

何と、そのハヤシライスの横に小さい器に・・・

サラダがあった。

 サラダ

ああ、サラダ。

この家庭的な心配りが、

凄く俺にとっては狼のように欲してることだったりする

自分で創るカレーライスなど、メインはカレーライス。

もちろん、他には何もない。

自宅で福神漬けなど用意したためしもない。

ただ、そこにカレーがあるだけ。

それ以上でもそれ以下でもないカレーという通常の俺の食卓。

 

このサラダがひとつあるだけで、何か野菜さ、いや優しさを感じる。

栄養バランス考えてね、っていうか。

お店に行けば当然のようにセットについてたりするけど

こうやって、さり気なく存在してるサラダこそが

きっと、何者にも代えがたい優しさなのかなぁ。

 

何を大げさな!!

って、人は言うかも知れない。

でも、家庭の中にお邪魔して、それを目の当たりにすると

そりゃ、もう~!

 

慣れてくると当たり前と感じたりするかもしれないけど

今の俺は、不慣れだから、貴重なコトだと感じて心にしっかり響く。

いいなぁ、監督。

いい奥さんがいてわんぱく小僧がいて。

基本的には、軽い挨拶しかしてないけど

こういうところで、奥様の大きさを知るんだよね。

 

だから

しっかりお代わりをして、食いました。

ほぼ編集は終わったので、もう完成だけど

次に行くときは手土産くらいもってくのが、こういう時って礼儀なのかなぁ。

一般家庭から、大きく離れて久しい。

そんな心配りがないからねぇ、俺。

ポケモンカレーでいいのかな?

blogram投票ボタン  

スポンサーサイト
別窓 | アテプリ! | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<写真撮影 in 恵比寿 | 役者ノートブック | 藤田まことさん追悼>>
この記事のコメント
ひょんなことから、こちらのブログを拝見するようになりました。いつ読んでも、いろんな事が書いてあって面白いなあと思っています。
3月の公演頑張ってくださいね。
2010-02-20 Sat 20:26 | URL | ぴょんこ #V7MyKPeY[ 内容変更] | top↑
ぴょんこさん、はじめまして!
しかも、初コメントありがとうございます!

ブログの内容は、一貫性のないとこがポイントでしょうか!?
応援ありがとうございます。

嬉しいです。
応援ありがとうございます!
3月に向かって走りま~~~す!
お時間ありましたら是非いらしてくださいね~
2010-02-21 Sun 02:17 | URL | 有斗 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |