スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
僕が僕であるために
2010-01-20 Wed 23:32

『僕が僕であるために

       勝ちつづけなきゃならない

  正しいモノが何なのか

       それが、この胸に分かる日まで・・・』

 

 尾崎

尾崎豊『僕が僕であるために』の歌詞

先日、250円で、尾崎豊のトリビュートアルバムを購入

久しぶりに尾崎豊を聴いて・・・刺さる言葉たち

ミスチルが優しくカヴァーを歌っているが、原曲を思い出し

この歌詞に、俺は燃えたりしていたなぁと。

叫び枯れるように歌う尾崎に、ちょっと共感したりして

ミスチルの歌声も、堪える。

 

『汗と音楽だけは鳴り止むことはなかった』

とか、凄い歌詞だよなぁ

 

不覚にも、宇多田ヒカルがカヴァーした

『I LOVE YOU』に、自然と涙がこぼれてしまったぁ

完全に、宇多田ヒカルの歌になっていた。

凄い、やっぱり。

曲と歌詞と、完全に自分の胸に落とし込んでる。

だから、自然と俺の中身が動く。

『形』は決まって、あとは魂を吹き込む歌い人によって

変わる。

変わる。

変わるんだ。

 

ダンスも演技も一緒だね。

フリや曲、台詞や脚本が勝手にスラスラ出るようになって、

やっと演技の準備ができる

そこからが旅の始まりで長い準備期間なんだ

宇多田ヒカルは、凄いなぁマジで。

 

175Rがカヴァーした曲なんて、ホント、歌詞を落とし込んでいないって

凄い分かる・・・。

17歳の地図が・・・ホントに白紙になってしまったようだ。

 

映画『グラン・トリノ』を観た。

 グラントリノ

素晴らしい作品だった。

クリント・イーストウッドは『許されざる者』をつくって

この作品もつくったってのは、何か真逆だけど逆も真なり

いい作品だった。

ユーモアもあって、差別用語バンバンだけど

この爺さん、いるわって思える。

俺の頭も、この爺さん張りに意固地になってるのかも知れないなぁ

俺の正義は、正義じゃない

 頑固親父

僕が僕であるために勝ちつづけなきゃならない

正しいモノが何なのか

それがこの胸に分かる日まで

 愛だね

正しさを証明するために走るのはゴメンだぁ

でも、伝えるためには、結果、何かに勝っていくことも必要なのか。

それがこの胸に分かる日まで

人は傷つけたくないよぉ

blogram投票ボタン  

スポンサーサイト
別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『カールじいさんと空飛ぶ家』 | 役者ノートブック | 映画『オーシャンズ』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。