fc2ブログ
2010年初観劇
2010-01-14 Thu 21:30

初観劇、してきました。

大塚萬劇場へ。

脚本家として日本の映像界を担う、秦健日子さん作・演出の公演です。

秦さんは現在放送の、『左目探偵EYE』というドラマの脚本も書いてます。

      秦さんのブログ ⇒ http://hatablog.officeblue.jp/

根っからの作家さんだなぁと思うし、よく書き続けられるなぁと尊敬します。

演出はもう1人、松下修さんもいます。

『月の子供』

月の子供 

これは、2008年2月に本多劇場でおれ自身参加した作品と

同じ内容のもので

なかなか理解の難しいお芝居です。

 

初めて、客観的に観劇。

懐かしい顔ぶれも拝見。

不思議な舞台なんだけど、終わったあとは気持ちいい感じが残る。

後味の良い作品です。

クオリティの問題もありますが

違った角度からというより、正面から観て

芸術的な作品なんだなぁと改めて思いました。

チケットはほぼ完売で、立ち見覚悟というらしいので

興味ある方は是非、足を運んでみて下さい。

 月の子供

そして、劇場でうちのマネージャーとも遭遇。

ってか、ボスの公演で博多に行ってると思いきや

東京に先日帰ってきたっていう。

年末からインフルエンザに襲われ・・・

RED&WHITEの観劇を見逃し、悔いておりましたが

DVDでお届けすることを約束。

帰りに飯をご馳走になりながら近況などを報告。

新年から事務所的にもバタバタでいろいろ報告ができなかったので

偶然とは必然として、今日はマネージャーともいろいろ話しができて良かった。

俺はマネージャーがこの人だからやっていけるんだっていう事を常々思う。

ガラス張りで俺は話をするし

ガラス張りで話を聞いてくれる

契約うんぬんというより、信頼関係で歩いてる

俺ももっと事務所に貢献しないとなぁ~と思いながら

自身の活動におれ自身自由にやらせてもらっているし

今年、ゆっくりしながらもアンテナ張っていこうかなぁと思いました。

 

なんか別れ際、毎回必ず熱い握手を交わしてしまうんだよね。

 

1年でまた何が起こるか分からんけども

何か、また何か素敵なコトが起こりそうな気がしてならないんだよなぁ

繋がって、繋がって、今在るけども

また、何かが繋がりそうな気配

 

にしても、この寒波、マジ寒いね。

今日もかなり厚着して出かけたけど・・・嫌だ。

家の中も寒いし。

東京は寒い。

日本海側は、大雪だってね。

山口県の俺の地元も日本海側。

どうなってんだろぉ。

雪降ってんのかなぁ~。

blogram投票ボタン 

スポンサーサイト



別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ラーメン横丁! | AritoArt3 (旧役者ノートブック) | 編集作業>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| AritoArt3 (旧役者ノートブック) |