「人形の家」
2009-12-13 Sun 11:08

昨日は、日暮里まで観劇に。

テラ・アーツ・ファクトリー公演

『ノラ 光のかけら』ノラ 光のかけら

という公演です。

場所は、d-倉庫

新しい劇場で、しかも、ちょっと駅から歩きますが

いい劇場なんですよ、実は。

アテプリ!でも、多大なる力を裏で貸してくれた中内智子の所属する劇団です。

今回も、アテプリ!からは

山村誠二がしっかりとお手伝いに行っております。

受付にはアテプリ!でも力を貸してくださった根元ハイジさんがいて

観劇には、音響の花澤さんもご来場で

昨日の打ち合わせからまた再会。

ホームな環境で観劇した感じがしました。

 

テラ・アーツ・ファクトリーは3回目の観劇。

ぶっちゃけ、過去の作品より今回が一番良かったぁ。

芝居というよりも、アートに近い感じのステージです。

新国立劇場とか、いつかやって欲しいなぁと思います。

イプセンの『人形の家』を素材に、出演者がアイデアを出し合い

演出の判断のもと、創作して意欲的なつくりになってます。

 

d-倉庫!は天井も高く、照明の効きかたが素晴らしい。

光に閉じ込められた4人の女性(人形役)が、

題材というかお題にそって

静かに熱く身体をくゆらせる。

ちょっとエロさも含みながら。。。

台詞がほとんどないんだけど、その台詞のチョイスがもっと厳選中の厳選になれば

さらに何かを動かしそうです。

でも、とっても素敵な舞台でした。

 

写メを撮ろうと思ってたけど・・・充電が切れて撮れず・・・残念。

 

帰宅後、ちょっと身体が冷えて・・・ホット珈琲と

アルフォートを頂きました。

 アルフォート

ほろ苦い、恋のようなアルフォートでした。

 うまい

癒されたよ。

blogram投票ボタン 

スポンサーサイト
別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<神楽坂 | 役者ノートブック | 会議>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |