fc2ブログ
地下鉄にのって
2009-06-12 Fri 19:20

otona 昨日の話。

地下鉄に乗って新宿に向かっていったところ・・・

とある駅に止まって

車両の中

扉の前で

俺の目の前の中学生がモゾモゾとしている。

恐ろしくモゾモゾしている。

そして、汗が噴出していた。

 

もしや・・・

 

電車が発車する合図が流れ出す。

扉が・・・

俺の目の前の扉が・・・

閉まらない。

 

中学生は慌てている。

扉をよく見てみると

鞄の肩掛けが扉の間に入って扉が閉まらなくなっていた。

 

全体重を乗せて中学生が引っ張る!

が、抜けない。

閉まらない。

俺が手を貸してみる。

が、身体が事故の後遺症で痛い・・・全力出し切れず

無理!!

俺じゃ力になれねぇ・・・少年すまん!!

 

駅員が駆けつけ引っ張る。

が、抜けない

他の駅員を呼ぶ

合計3人の駅員があれやこれや引っ張る

が、抜けない。

少年の汗は、凄いことに。

電車を止めてしまったことに大きな責任を感じている。

 

座ってる高年のおっさんは

「ったく」

という様子。

他の人は、静かに見守る。

駅員が物凄い慌てている、そして、抜けない鞄。

駅員もダイヤの遅れの責任を感じている。

 

近くに居た大柄なお兄さんが登場!

「引っ張ればいいんだな」

そう言って、駅員をどけて引っ張る。

救世主だ!

柔道部のような体格大きな期待がかかる!

 

よし!勝った!

 

誰もがそう思った!

 

が、抜けない・・・。

ちょっとかっこ悪い感じに写ったお兄さん。

続いて、近くにいたおじさんが登場。

「鞄を↑にひっぱれば、いけるかも」

おじさんが↑にひっぱり、駅員が横に引っ張り燃える

 

が・・・抜けない

おじさん出番終了。

 

はやっ!!

 

「サラダ油を取ってきて!」

駅員が他の駅員に叫ぶ!

走り出す駅員。

 

その時、野次馬の大柄のおじさんが登場

大柄のおじさん。

これもまた柔道部のような体格。

無言で現れ、ぐいぐいっと引っ張る。

 

 

スポンッ・・・

抜けた。

 

あれ?簡単??

サクッと抜けた・・・。

柔よく剛を制す、とは正にこの事。

さすが、柔道部!(かどうかは知らない)

 

少年は、下を向いて、車内の全員に向かって

「すみませんでした!」

と謝罪をした。

 

そして、何にもせず苛立って座っていた高年のおっさんが言った

お前、気をつけろよ!」

ちょっと悪意のある音だった。

そして続けて言った

「お前、そこに鞄を置いたらまた引っかかるだろうが。」

 

おいおい、お前は何者だ・・・。

何にもしてねぇだろ。

大人の悲しい姿を見てしまった。

 

ヒーローインタビューもないまま、電車は走り出す。

少年は窓の方を向いてうつむいたまま。

 

その背中に大きな責任を背負ってる様子。

故意じゃない。

事故じゃないか。

 

急ぎの人の気持ちも分かるが・・・

目の前で起こったことだけに、妙に親近感が沸いてしまった。

 

負けるな少年。

 

ちなみに、俺は軽い撮影と、ちょっと打ち合わせがあったけど

普通に間に合いました。

止まったのは10分程度。

 やわらかプリン

彼の90度に背中を曲げた謝罪を俺は忘れない。

スポンサーサイト



別窓 | うむむ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<リハビリ | AritoArt3 (旧役者ノートブック) | 独りそーめん2>>
この記事のコメント
大変でしたねぇ。
少年は恥ずかしかっただろーし可哀想。

しかし文句言うだけのオッサン腹立つわぁ!!!
オッサンが扉に挟まれてしまえばイイのに(;-_-+)
2009-06-13 Sat 13:08 | URL | いつみ #-[ 内容変更] | top↑
少年は、ちょっと気の毒でしたねぇ

力になれず・・・。

おっさんが一番やばいですよね??

優しい一言でもおっさんが掛けてやれば、「大人もいいもんだ」と思えるのに。

トラウマですよ、あれは。
2009-06-14 Sun 01:23 | URL | 山有 #-[ 内容変更] | top↑
‥同じ年頃の息子を持つ身として人事とは思えず(T_T)
‥手伝いもしないで文句だけ言うオッサン‥もし挟まった人がこんな純真な少年ではなくて怖い系の人だったら絶対に何も言えないとような人なんだろう思うと余計に腹が立つ
(`へ´)
‥たぶんワタシがその場にいたら絶対言い返してると思うけど‥
2009-06-18 Thu 10:22 | URL | 美奈 #-[ 内容変更] | top↑
そうですね、お子さんに置き換えるとホント許せないですね・・

自分の身内だったら、俺も対応変わったかも、です。

気がつけば、俺も傍観者っていう・・・

少年ごめん。
2009-06-18 Thu 13:43 | URL | 山有 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| AritoArt3 (旧役者ノートブック) |