スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
おのれっ!若造!!
2009-03-16 Mon 00:03

おのれっ!若造!!

って気持ちになった!!

って事は、俺は若造じゃないって範疇に入るなぁ・・・

それは、それで寂しいが。

 

そんな話じゃない!

さっきコンビニでレジ並んでたら

若い兄ちゃんとその彼女が平気で順番抜かしていく

 

俺が並んでのが目に入らないのか!

ああ!こらっ!

と心でつぶやく俺。

若い兄ちゃんが、へらへらしながら店員を見る

店員が言う

店員「もう来るなって、迷惑になるから。」

若兄「何で、お前が働いてんだからいいだろ?」

店員「他のお客さんに迷惑だから、ほらっ」

っと俺の方を指す店員

申し訳なさそうに俺を見る

若い兄ちゃんは、俺の方を見向きもしない。

さらに、ソバに彼女がいるから余計粋がってしまう(のだろう)

若兄「いいじゃん、お前がいるんだから」

店員「営業妨害だから、もう来るな」

と元友達かなんか、そんな雰囲気の2人だった。

アウトローを高校卒業して抜けた店員と

現在もアウトローな現役アウトロー。

そんな2人の姿だった(気がする)

 

彼女は、逆に遠慮して店員を見ている・・・

 

若い兄ちゃんは、俺の方を全く見なかった。

目も合わさない。

俺は相当、イラっとした

目を観ろや兄ちゃんよ~!!

詫びいれろや!!兄ちゃんよ~~~!!

   

気を利かしたもう一人の可愛い店員

「こちらのレジにどうぞ~」

と俺を違うレジに案内してくれた。

俺は握り締めたコブシを(実際は握っていない、ごめん)

おろして、可愛いお姉さんのレジに向かった。

 

そして、若い兄ちゃんは、

金を払って余裕しゃくしゃくといった感じで風を切るように

店を出て行った。

 

ああ、何と言う恥ずかしい姿。

 

まぁ、何も注意できなかった俺も恥ずかしい姿。

とっても関わりたくないと思った。

面倒だと思った。

彼の人生に関わりたくない・・・おお、怖い。

注意したらナイフでブスッて俺の人生終わるのか???

 

まぁ、しかし、何だろうね。

わびしいね。

 

もし、あいつと同年代で、俺も幼馴染が一緒だったら

くいついていただろうなぁ。

田舎のアウトローは、その辺の正義は強いんだよなぁ。

  アウトロー   本物のアウトロー

大人になっても

俺は一人じゃ何もできんなぁ~。

あ~あ。

スポンサーサイト
別窓 | うむむ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<みそ汁 | 役者ノートブック | 読み漁り>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。