スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
便座物語
2009-02-04 Wed 23:52

便座物語って、いいタイトルだなぁ

ちょっと、ふと感じたこと。

東京のビル内、お店、居酒屋、今や当たり前の洋式トイレ!!

先日、ちょっと入ったときに

便座が暖かく、凄いほっとした。

人肌ではないよ

電気のエレクトロニクスの力で、暖かいのよ。

最近ってか、もう便座が暖かいのって常識になってる???

都内のお店などは、ほとんど当たり前になってる???

いやぁ、何か軽く癒されるんだよなぁ

あったけぇ便座って。

冷たいと嫌悪感がみなぎるし、暖かい風呂に入るのと逆に

水風呂に入るときのような慎重さが生まれる

しかめっつらになってまうからね。

 

便座の暖かさで軽く「幸せ」を感じるのはなぜだろう。

 

安心する

 

まぁ、そんな感じで今では当たり前の便座、そして洋式トイレ。

 

◆便座物語◆~長いよ~

  ありがとう便座

俺が生まれて初めて体験した洋式トイレのことを思い出す。

あれは、小学校6年のときだったかな??

実家はそもそもまだ和式トイレ

イワユル「ぼっとん便所」呼ばれるアレだった。

中学校に入り、改装して洋式に生まれ変わったけどね。

話を戻すと、洋式トイレ初体験のこと。

親戚の熊本の家に遊びに行ったときのこと。

その家が、洋式トイレだった。

俺は、テレビや漫画でちょっと見たことある程度の認識で

その洋式トイレを初めて目の前にしていた。

そいつは、大きな口を開けて俺を待ち構えていた。

俺がしたいのは、「オシ○コ」だった。

 

洋式トイレを目の前に、俺は

「どうやってすればいいんだ???」

と妙に緊張したのを思い出す。

まず、便座にカバーがかかっていて

このまま「オシ○コ」をしたら間違いなく便座カバーにかかる

そんな気がしていた。

だが、当時、便座が動くなんて知るよしもない。

きっと大人たちは狙いを定めてしっかりと便器の中に

注いでいるに違いない。

 

コントロールこそ全て!!

 

俺はそう思った。

便座を汚してしまったらダメだ!!

子供の「オシ○コ」は色んな事情で暴れる可能性があるのだ。

俺の身長の割りに洋式トイレはデカく

足のつま先を立てて、おもむろにズボンを下ろし

そして、狙いを定めて

小便小僧のようなスタイルで便器の中の泉

全てを注いだ!!

その時、つま先立ちの俺の足は頼りなく

プレッシャーと戦えば戦うほどぷるぷると震えてしまい

親戚の家で、トイレを汚してならないという気負いを背負い

足元はさらにぷるぷると震え

面舵(おもかじ)いっぱいのコントロールミスを犯してしまった!!

すると、気持ちいい具合に

俺から溢れた黄金水は・・・

便座を濡らし・・・

あっさりと染込んでいく様子を眺め

「やばい!?」

とさらに緊張が走り

さらにコントロールを失った俺は

面舵を戻そうと必死になり

狙いを戻そうとすると不思議なことに

天に目掛けて虹をつくるかのような放物線を黄金水が描き

最後には床のカーペットに飛び散った!!

みるみる染込んだカーペットを見つめながら

決して犯してはいけない過ちを犯したことに絶望感を覚えた

 

水を流す方法も良く分からず・・・

「大/小」の器具を頑張って回そうとするが

手が届かない。

なぜならカーペットや便座が自分のモノで汚れていて

踏みたくなかったから、手が届かなかっただ。

何という自分勝手な俺。

  

もう俺は汗ダクになり

早くこの場を立ち去りたい衝動にかられ

でも、俺が出て行き、次の人が入ったらショック極まりないだろう

そんな想像でさらに発汗!!

そして悪寒する。

さらには、オカンに怒られる。

 

その時、俺の頭がふと回答を導き出した。

天才的な天使のような回答!!

 

「なかったことにしよう」

 

俺は、手を洗って

逃げるようにトイレから飛び出した!!

 

そして、何事もなかったかのようにみんなのところへ行き

テレビを見ながら何か食った。

心臓をバクバクさせながら・・・。

 

 

完全に洋式トイレに敗北した

 

小学校6年生の夏。

ほろ苦い思い出。

親戚の家でトイレの話題は一切出てないのでバレてないのか

そっとしておいてくれたのか

俺は、知らない。

 

でも、申し訳ないなぁ。

パーキングエリアやレストラン、

そんな場所で洋式トイレと出会っても

俺は、絶対和式を選択

洋式を避けて通ってきた。

 

その後、我が家も洋式トイレに変わり

洋式トイレの正式な使用方法を学び

目からウロコだった。

 

そういう事だったのか!!

便座を上げれば良かったのか!!

なぜ、なぜ、便座が動くなんて初見で誰が見抜くだろう!!

俺は、衝撃を受けた。

簡単なことだったんだと。

 

小学校6年生が今さら人には聞けない洋式トイレ使用方法を

俺は中学校に入って知ることとなった。

 

ドクタースランプアラレちゃんの漫画では

田舎モノの少年が、洋式トイレを初めて見て

便器を洗面所と理解し

便器の中で手を洗っていたシーンがあったが

俺はギリギリ笑えない・・・。

 

こうしてみると、今や洋式トイレさまさまだなぁと思う。

あんな酷い俺に

あったかさをくれるなんて。

 

ありがとう

洋式トイレ

そして、ありがとう

便座

 

便座物語~完~

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<大黒摩季 | 役者ノートブック | 雨かぁ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。