映画『太陽の蓋』イベント @座・高円寺 ありがとうございました
2017-04-29 Sat 02:07
映画『太陽の蓋』上映会、参加して来ました

太陽の蓋 高円寺 

ご存知かもしれませんが
上映会と、ゲストのクロストークの間の7分間
ソロリーディングパフォーマンスをさせて頂きました
ご清聴ありがとうございました

菅直人元首相 山縣有斗  

まさか元首相の前で言いたい事言える機会があるなんて
大変有難い機会でした
表現者としても民主主義としても、「それ、欲しかったよね」と

終演後、お客様の方々から
握手や、優しい声や、熱い声を頂きました
とても嬉しく、胸が熱くなりましたよ

やって良かった、と

「代弁してくれた」
「あなたは、素晴らしかった、もっと言って下さい」
「まっすぐで良かった」
「若いのに、こうやって言えるなんて」

ちょい脚色しています(笑)
ちゃんと発した言葉がお客様から観応して戻って来た言葉に
俺は、深く、お互いに一瞬つながったのを感じます


民主党(当時)に関して厳しい声をきくが
政権取った当時は、マニュフェスト通り戦っていたが
どうにもこうにも自民と癒着していたアメリカと官僚によって
潰されてって感じがしてなりません

あらゆる悪法を通していく今の政権にはどうして厳しくないのかなぁ
失言が多い現在の閣僚ですが
一番失言多いのが安倍首相と麻生大臣だからなぁ(笑)

偏見にとらわれず、改めて事実と向き合いながら
先を見通していきたいですよね



◆映画について

この映画は、3.11からの5日間を
東電や市民側ではなく
当時民主党の政権側から
その首相官邸の様子を描いた初の映画

当時の混乱ぶりは色々と書籍や
事故調査委員会などの報告内容で
受け止めてはいたが
良い悪いという二択以外に、耳を傾けていくことがまた必要なのだと思う

実際の様子、東電との関係
見えてくる

自民党だったら癒着してるからメディアコントロールもっとされて
情報隠されていたのかもなぁ、とか想ったりした次第
そして、原子力安全保安院の言葉に唖然・・・


◆クロストークについて

なんと今回は、その首相官邸において
現実にも対処された菅元首相や福山哲郎議員も登場し
当時の事や今、これからの原発や自然エネルギーについてお話されました

クロストーク  

ゲストはこちら

・橘民義「太陽の蓋」制作プロデューサー
・菅直人元総理大臣
・福山哲郎元内閣副官房長官
・西村まさみ元幹事長補佐
・山本あけみ杉並区議会議員

実際の事は、文字以上に、お話を聞く事で「ああそうだったのか」と
一元的に観ていたものが二次元的に見えてくるというか
そんな事を感じました

何だろう、全然上目線でなく話をされていて
思っていた雰囲気と違っていた
報道の作ったイメージや影ではない

原発0を念頭に置いて動いてる事や
海外を回って、当時の話をしている事、それによってアメリカの原発を止めた
という事にも繋がったりと
日本は、そもそも、原発についてもはや
タブー視されているのか、「Good News」は表に出てこない
自然再生エネルギーの事も然り・・・

自分たちで情報を求めにいかないとだよね


◆ソロパフォーマンスについて

座・高円寺の楽屋、ひとりで贅沢にも使わせて頂きました
ゆっくりとアップをして
映画が終わり、その3分後に、山縣が登場し放出していく
そして、7分経過する前に、ゲストが着座してクロストークのスタンバイに入る

ちょっとした橋渡しでもあります

橋渡し、という認識は置いて
ただ、表現者としてそこに向かいました
言いたい事は、しっかりと表現させてもらう、という事

リーディングで発信させて頂きました

太陽の蓋 ソロパフォーマンス 山縣有斗  

原発にしがみつく日本
自然再生エネルギーが世界中で主流になってきてる事
その発電量
ザクザクと伝えていきました
山縣の絵本『めぐりのおと♪』足跡イベントや
朗読演劇『Persona Train』や、ペリソロを御覧頂いた方なら
何となくイメージできるかと思います
谷川俊太郎さんと、金子みすゞさんのお力をお借りしましたよ

最後には、若干時間オーバーしましたが
民進党の皆さんに直接聞いてみました
こんな風に切り出してみた

「あと、最後に民進党の皆さんに聞いてみたい事がひとつあります」

山縣有斗 と 民進党 

その一瞬、緊張した空気が流れるも、「どうぞ」というスタンスを感じた

「ただちに影響ありません、から、6年経過しましたが、影響はありましたか?
経過は見ていますか?今後の展望をお聞かせ下さい」

と言葉を残して去りました
頷く皆さんの様子を確認しました
その後、上記のように、自然エネルギーについて色々と触れておりました

震災後、脱原発を全政党が訴えたが・・・
今の通り、原発再稼働、ベースロード電源
どんだけ、癒着や天下り関係凄いんだよ、笑えてくる現政権ですが・・・
電気メーカーから細分化した企業までも
何もかもあまりに影響が凄いんだろうね

しかしエネルギー変換は
雇用を増やし、エネルギーも安定し、フォローし合える事
ドイツは実現している事実

脱原発の認識とエネルギー問題への展望を聞きました
ガチで実現に向ける為
今お生きてる自民党という災害や洪水みたいなものをまず止めて欲しいと思います
よく言われる代替案出せ、という言葉
洪水と同じ土俵で話はしてはいらないしそこで相撲を取ってはならない

代替案は災害をまず止めてから、だと思っています
野党が連合できなくて、どうする!と思いつつ

俺はね、想う
右でも左でもなく
変な事は変、というだけの事
それだけで、まず止めないといけない事は、行動できるんじゃないかな


◆アーティストとして

そして、アーティストたち
声を挙げよ、と、言い続けたい
それは、それだけの言葉や表現を持つ人たちだからです

共謀罪通ったらさ
どれほど警察や公安に力を持たせるのか、分かってる?
国家権力の都合にどれほど自由にさせるか、分かってる?
こんな表現でマークされるかも知れないよね、もしかしたら
俺が捕まったら、その理由も秘密保護法で言えないって言われたら
どうなるんだろう
そして国民背番号制だぜ(マイナンバー)じゃないよ
国家権力側から言うと「YOUR NUMBER」なんだよ
憲法がスルーされ過ぎてて怖いよ(笑)



◆最後に

このような機会をご用意して下さった
杉並区議会議員の山本あけみさん始め
関わった皆さま、ありがとうございました

そして、新しくお知り合いになった方も多く
いつもと違った雰囲気でした
新たな出会いに感謝して

太陽の蓋 集合 山縣有斗  

また次のステージで、よろしくお願いします

スポンサーサイト
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 役者ノートブック | 本日18:00より上映 映画『太陽の蓋』@座・高円寺 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |