2016年さようなら よいお年を・・・
2016-12-30 Fri 17:36
無事に暮れ行く2016年

今年も大変お世話になりました


自分のライフスタイルが、どんどん自然と合わせて

変化してきている


今年は、登山にたくさん挑戦し

上高地から涸沢へアルプスに挑戦もできたし

BBQはもちろんだけど

キャンプも久しぶりに楽しんだ

そして、富士山マラソンにも飛び込めた

 
昨年俳優としては

致命的な怪我してから復帰まで半年以上かかったが

やりたい事として

日本が反省なき右傾化に向かう事に喝を入れるべく

『ペリソロ』という独り芝居(本当は2人芝居)もできた

俳優や脚本家というツールを生かしながら、

世界に伝えたい事でステージを踏むのは大きい

 
脚本家としては、ミュージカルが無事に上演され

書いた歌詞が、子供たちの声を通して広がる体験は素晴らしかった


演出と脚本で小学校を回る少人数の演劇の企画を

公益財団法人日本青少年文化センターより流れ着き

携わる機会で、また稽古場を回す楽しさを味わっている

  

ここ数年で生きてる実感が一番持てた年だったように

感じている


それをこれまでの出会いと

新たな出会いが

可能にしてくれた事

本当に、ありがとうございました
 
<m(__)m>

  
  

★表現者として

俳優 脚本家 演出家 絵描き

「あなたはいったいどれなの?」

と時々愚問を頂く


それは、何度も応えるが

本当に何度も応えるが


表現者は、媒体をその都度選んで放出しているんだよ

って事です

あなたの小さな定規で計らないで下さいな

と何度も聞く人には言っておきたい

理解させようとは思わないけども

理解してもらえた人がいると、ほっとします


そして、表現者の前に

人生を豊かに楽しむ旅人です

 

時々、どうして俳優なのにもっとテレビや映画や舞台に出演しないの

どうして?どうして?

もったいない

などなど言葉を浴びされます
 

嬉しい言葉ですが

別にもったいなくないよ

自分が出演したいと思ったものとうまく繋がったら嬉しいけど

なかなかそうもいかないし

本当に出演したいものも意外と少ないんだよ

と言っておきたい


同業者の姿勢を見てがっかりすることもあり

つまらない映像作品や俳優のつまらなさを見て

がっかりすることも多い

逆に熱くなるシーンが一部であれば、とても嬉しくなる

その一部と出会うのは大変な事なんだけどね

舞台を10本観て1本あるかないか、ぐらいだよ

自分に正直に言うとね

 
だから、自分で創作した方がとっても素敵な人生を楽しめるのさ

商業やテレビがほとんど言えない事も

本気で叫べるしね


他を否定するつもりはないよ

感性や表現力が違うだけと知ったから

好みもあるしね

それだけの事だよ


★40歳という世界へ来ちゃった

そんな俺も

12月19日で、遂に40歳に到達しました

ひとりで生きてきたわけはないし

助けられているだけだし

それでも孤独を感じる事があるだけだし

甘えていたいし(笑)

愛情がたくさん欲しいし

大人になり切れないまま

来ちゃったよ


でも、みんなそうなのだと気が付いている

子供心を隠してたり

抑えざるを得なかったり

本当は我慢してる事を知っている

 
40・・・

太宰治の39歳を越え

40歳と2か月を越えたら、俺はジョン・レノンをも越えてしまう

しかし、『超える』事はないだろう


でも、随分と自由にものを見て

妙な事は「変」とちゃんと言えている事に

子供でよかったと思う

大人は言わない人多いらしいよ、「変」って

おかしいよね


本当言うとね

俺は実は、凄く凄く臆病

社会なんてしょうもない枠だと思っていながらも

たとえば「結婚」という文字を浮かべると

どうしてもお互いに愛があればいいじゃないって思っていても


ご両親の事などを考えると

一般的な大人社会の社会人でない事に

普段感じるはずもない、負い目を感じてしまう事があるだ

安定もないし、保証もないし

それを見立てて積み立ててもない


「ただ、感性を開いて今を生きてる」だけなんだ(笑)


と大声で言って生きていても

妙に、家庭を持つ、そこの前に立つと、俺は一瞬しゅんっとなる


都合いい社会が生んだバカらしくも感じる

誰かの都合の良い、頑張って働くシステムや

マネーゲームに勤しむ不労所得人たちや

どうしても紛争や戦争に使われるレールの一部にいる企業や

「今だけ、自分だけ、お金だけ」ではりきってる官僚や企業や

ぎゅっと凝縮して・・・

2時間制ぽっきりなシステム化された結婚式の在り方や

そういう事があって、

そんなアホらしいライフスタイルは捨てましょうと思いつつも

結婚という前には

どうやら、社会性の壁がふと芽生えるんだ


これってすごいね、どんだけ植付があるんだろう


あれ、なんで結婚の話になってんだろう


まぁ40歳だからね

しょうがないし、こんな世界だから

バカな事言うんじゃないよって言えるくらい

この社会にどっぷり浸かって生きてる人たちには、きっと

きっと 俺は

バカなピエロに映るでしょう・・・


    40歳のピエロ 山縣有斗 

 
      ~・~~・・~~・~
    『40th Self-Portrait 大人になれない』
     アクリルガッシュ画
      size:F4
      ~・~~・・~~・~
 
実際に、そうなのかもね

俺が正しいのか、そっちが正しいのか、それは

もう、自分のハートに質問し続けるしかないんだ



で、答えは、見えてるけどね

だから、俺は、俺のビジョンやライフスタイルの中で

応えていくと思う



そして

今年最後の絵画作品

40歳の自画像



今年は過去1番、作品を描いた

そして、スタイルも影響も変わって、表現は広がっている!


来年もまた

新たな世界を・・・

世界を少しでも、BETTER にしていける

その為の力を使っていけるように・・・



2016年12月30日

山縣有斗
 
  
スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新春 2017年 おかげさまで今年を迎えました。 | 役者ノートブック | PLAY BACK! Xmas Works>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |