スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ピクサー展 トイ・ストリーたちの手描きの素晴らしさ、CG以上のアートを感じたよ
2016-05-29 Sun 11:57
先日行った、ピクサー展

じっくり鑑賞

     ピクサー展 山縣有斗

平日の人が少ない中でも

たっぷりゆっくり観て、なんと4時間も堪能してしまった

通常美術館での集中力も

普段は2時間ぐらいが自分では、ブレイクダウン、なところですが


ピクサーは、物語が作品に見えているので(知っているので)

世界を広げながら、たっぷり楽しんだ

ピクサー展1    

いやぁ、すごい!

ピクサーには秀逸なアーティストが集まっていて

最初は、絵を描いて、脳内をお互いが刺激しつつ

物語の構成にはいり、絵コンテで組み立てていく

手作業がCGに行くまで、たくさんあるという事

知ってはいたが

イメージ画、それが、色鉛筆や、鉛筆、パステル、水彩

アクリル水彩、ガッシュと多種多様

ウレタン樹脂の彫刻で3Dにして、全体を確認するなんてのも

映像の中だけでなく、ちゃんとものを作るアーティストがいる


ロッツォ3D    

手、作業っていうこと

   バズとウッディ  

 
言われたままをこなす作業じゃないから

それぞれが受け止めた刺激から生まれたそれぞれの作品

それって、とってもアート

完全なる

アーティストとそれを技術的にCGにしていく人たちと

ちゃんと分かれている

デジタルで油彩や水彩っぽく、近年は描いてアイデアを出してる人もいるけど

手描きのアートの方が断然、俺には感動を与えてくれた

モンスターズインク 手描き    

特に好きだったのは

パステル画の色の優しさ

全体のトーンを見るために描いてるみたいだけど

素敵過ぎた

パステル画、ちゃんと勉強したいなぁと思っている


モンスターズインク 手描きシンプル     

ほんっと、素晴らしい!

シンプルな作品から、緻密に詳細を描いた作品まで

トイ・ストーリーから少年とアーロンまで・・・

たまらんかった
 
 

その手描きアートを

さらにCGに取り込んで、超横長スクリーンで映像が作られてたけど

も~これも2回も鑑賞したほど、感動もの!
 
    ピクサー展2    

ジブリ美術館のゾートロープ(くるくる回って動いて見えるやつ)から

ヒントを得て、そのままピクサーのゾートロープがあって

これも、アナログ的なところがほんと良くて

でも3Dで、感動してしまう


童心に戻る(普段そのままだけど)感じで

ずっと見ていたい


ほんと素晴らしい


 
あらゆる国で、回してほしい

子供たちは、この、煌びやかさに、世界共通ではっとさせられると思うんだ

逆にCGじゃないからこその、実は良さがピクサーにはある
  
 
動き出す、このアナログなゾートロープ、トトロのやつでもいいし

紛争がある国においても

きっと、ゾートロープが回っている間は、

手が止まるんじゃないか、そんなふうに

思えるほど、大人から子供まで

興奮するアートでした


今日で終わりだね、また見たいなぁ


スポンサーサイト
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<LOVE&PEACE Live vol.2 『ペリソロ』終演! | 役者ノートブック | 母の声 届く>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。