2015年 良いお年を
2015-12-31 Thu 13:19

引っ越したかったなぁ

東京都内某所で暮らしてはや数年・・・
穴倉のような場所ですが
個人的過ぎるオフィス的な感じは気に入っていますが
いかんせん狭くて
描けば場所をとり、本を読めば重なっていき
紙媒体を印刷すればするほど散らかり

アトリエが欲しくてたまりません

大掃除もあっさりあきらめました
ほこりたちと(誇り)と年を越えていこうと思っています
でもね
風呂だけは掃除したよ

太宰治 山縣有斗 

今年はしかし歩いた

2015年は舞台新作脚本を2本
『Interview with KA』
『超絶ヒーロー』

再再演で改編した脚本が1本
『Persona Train』ReReCreate

ミュージカルのプロット制作中

と張り切り

絵の方では
2月に個展 『え・ミゼラブル』山縣有斗展
7月には RYU-GALLERY『水族館展』に3点出展
他チラシの絵などいろいろと創作


いっぱいいっぱいな日々でした
どれもこれも
とても大切な創作と
出会いと
放出と
受けとめとなりました

大きな旅行をしていた気分です



無事に39歳もなり
たくさんの方にお祝いをして頂きました


39歳 山縣有斗2 

39歳 山縣有斗1 

39歳 山縣有斗3 

40歳を目の前に
2016年は何ができるだろうか
今からワクワクしています

さて何をするか
 
 
ワクワク

そう思える事は

この日本に住んでいるからなのかも知れません
 

 富士山と山縣有斗 2015

しかし、この日本においても
寒い夜を外で過ごさなければならない人もおり
その為、ボランティアで動いてる人もいます

そして、いまだに仮設住宅で、過ごさなければならない人もいます
独りで過ごす方も日本全国にたくさんいらっしゃるでしょう

沖縄の基地移設で非暴力で戦い続けてる方も大勢いる


そうなんですよね、ほんと


お茶を濁す?
いや、今、目の前で起きてる事たちです

お堅いこと言うなよって?
いえ、柔軟になっていけばいくほど
辛い現実がちゃんと胸に刺さるようになるのです
跳ね返さず起きてることを受け取っていこうと思えるのです
 

だから
  
ねぇ

いつ爆弾が落とされるか気にしながら夜を越す
パレスチナのみなさん
シリアのみなさん
がいて

どんな緊張のもと、夜を越すのか想像できますか・・・

難民とならざるを得ず
国外に向かって歩いて行くも、国境の金網の柵で追い返され
放水を浴びされらる状態を想像できますか・・・

命からがらボートに乗ってギリシャ方面に行くも
転覆して寒い中沈んでいく状況を想像できますか・・・


ナショナリズムが国益のため、アメリカ応援のため
煽られていて
秘密保護法が施行されて
原発は再稼働されて
憲法解釈があいまいになり
武器は輸出して
年明けにはブータンに自衛隊が派遣される

国益と人間の尊厳が一致しない
消費税は社会保障に全額使われえるのではなかったか?
憲法9条解釈変更は国民の多くが反対してる
原発再稼働の基準、安全ではないが基準はクリアと規制委員会が
言ってるけど、マジOKか?

人間の尊厳を奪うことを受容している政策に

考えざるを得ない

どんな職業だろうと
どこの国の人だろうと
どの民族の人だろうと

その前に、ひとりの人
誰かの助けがなければ生きていけない人であり
弱肉強食ではなく、弱いから協力して生き残った適材遺伝子を持つ

僕らは人間

だからどんな職業を越えて、国籍を越えて
知って、違う視点で世界を見ていかねれば

人間の尊厳があっさりと、ある正義によって奪われるのを
受容している事になってしまいます


来年の参議員選挙に
受容するか、違う視点で動くかがかかわってきます


谷川俊太郎がうたった『朝のリレー』

そんな風に世界がバトンを渡していきたいのに
日本としては
日本の中に生きる、人間の僕らは

お金のリレーと
武器のリレーと
悪しき炎のリレーを

している事になっている


平和のリレーと
優しい光のリレーと
持続可能な協力のリレーを

していきけるように
よりいっそう願いを込めて


この2015年の終わりの挨拶にしたいと思っています

気にかけてくれたみな様
応援してくれた人たち
愛する人

ありがとうございました



何か大きな事ができるわけではない
僕ができることは
大河の一滴のように
小さい小さい小さい意味のないくらい小さい事かも知れない

しかしそれは
ハチドリの一滴(ひとしずく)のように
大きな火事を消していく
小さい小さい小さい意味のある事になるかも知れないと願って

僕は創作していくでしょう




来年もよろしくお願いします

太宰治 山縣有斗 語る

2015年12月31日
山縣有斗



 
スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2016年、よろしくお願いします | 役者ノートブック | 39歳迎えて・・・② 河口湖ペンション ウィークエンドシャッフルにてのひととき>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |