少年 ありがとよ
2015-07-01 Wed 00:09



人気のない横断歩道で

信号機が赤を照らす


どうせ車も通らないし、さっと行こうと思ったが

後ろから走ってきた小学生が、

ピタッと横断歩道前で止まる



俺は一瞬の判断で、赤信号を横断するのを踏みとどまった


赤信号みんなで行けば怖くない、って言葉があるが

赤信号を渡る俺の背中を観て、

「よし、渡ろう」ってこの少年が渡ったら、

車が見えなかったら(いなかったらじゃなく)「行けばいい」と

判断した場合、いつの日かよからなぬ連鎖で事故が起きるかも知れない



やっぱ、俺の背中に責任がふと生まれたわけで


俺はふと立ち止まった


が、俺の背中を少年が見てるわけではなく

少年の背中を感じて、俺が止まったのだ

すると因果関係は逆だよね

背中を見たのは俺の方だ


少年よ、勉強させてもらったぜ

 
    
夕焼け 2015年6月


俺の背中など観たら

ただのスケベな社会性のズレた大人になってしまうしね・・・




しかしなぁ

どうして、それでも世界は回るんだろう

勝手にさ


PINOジェネレーションの俺は、やっぱ、どうも、幸せと行動が一致してねえなぁと

深々と思う

何が自分を幸せにするのか気がついているのに

遠く離れていくような自分の仕事に途方に暮れる





俺の背中は、いったい何を語りたいのかなぁ

一人旅、出たい気分だ


スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ハウルの動く城』 やっと分かったわ 『心を動かした城』だね、なんてね | 役者ノートブック | たけしさん、言うか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |