明日が千秋楽です。13時から!お間違えなく。そして、4日目終了しました。
2014-06-08 Sun 01:23

本日も足元の悪い中、ご来場ありがとうございました。

初見の方からも

ちょうど谷川俊太郎の詩集を読みながら
電車で来たところでした!
偶然、詩と 『Persona Train』で再会したような
そんな驚きと興奮でお話を聞かせてくれました。

嬉しいですね。


もともと、詩が好きな人が、別の詩を教えてくれたり
別の詩人を教えてくれたり

アートで繋がるというか
そういう話が出来るのが、また嬉しいですね。


この朗読演劇『Persona Train』を肴に
観劇された皆様がどこかで美味しいお酒を飲んでいてくれたら
また、嬉しい。

気軽に、声をかけて頂けたら、出演者一同嬉しいです。

楽屋にて1 Persona Train  










いよいよ、明日が

千秋楽です。

早いね。


しかも、少し早い時間です。


13:00~

開場は 12:30からです。
混雑が予想されますので、どうか早めに足を運んで頂けたら
と思っています。
雨も、今日よりかは、軽くなるような様子ですので。
どうぞ、よろしくお願いします。

  楽屋にて2 Persona Train

楽屋の様子
本番前は、それぞれが脚本を読み直し
ひっそりと、身体を温め続けているのですよ。

   楽屋にて3 Persona Train



PS:


こりっち とう演劇サイトご存知ですか?

そのサイトの


この T-PRODUCE 「ONE LOOKY TWO IN」の2作品公演が

観てきた!注目公演の1位になっています。

『Persona Train』を観劇されたお客様からの声もあります。

非常に胸を打つ感想が書かれていました。

 http://stage.corich.jp/watch_done_detail.php?watch_id=232703#divulge

★ネタバレ になるのですが

一度観劇された方は、是非、一読してみて下さい。
また、観劇してない方も、観る予定のない方も、是非!

あるいは、登録して頂いて

感想を書いて頂けると励みになります。



PS2

ツイッターでも書きましたが・・・

6月7日は、ポール・ゴーギャンの誕生日だったんですね。

タヒチに彼が求めていたのは、自然とともに、財産を共有し合う民族の姿だったのではないか

そして、自然とともにある、その生き方そのものを欲しがったのではないだろうか。


名画 『我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか』


展示された絵を観たとき、俺の中で、いろんなものが動きました。

http://aritonight.blog65.fc2.com/blog-entry-522.html

それは ダヴィンチ・コードならぬ

『 JUN AI CODE 』

という作品になりました。



これも、また再演したい作品です。

お見知りおきを・・・。



スポンサーサイト
別窓 | 演出 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<朗読演劇『Persona Train』 公演を終えて・・・。 | 役者ノートブック | あと2日のみ!朗読演劇『Persona Train』 大雨でございますが、足元に気をつけていらして下さい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |