スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『Peace On Earth stage』と『DAYS JAPAN』の10周年記念イベントから、3年を振り返る(長文)
2014-03-10 Mon 17:54


3.11 あの日から3年

立ち上がれた人は、素晴らしい。
それはテレビを通じて教えてくれる。
でも、立ち上がれない人を、教えて欲しい。
それは、テレビを通してはあまり教えてくれないんだ。
 

俺たちが知りに行かないと
耳を傾けないと、情報は入ってこない。
 

俺にとって『知る事から始まる』3年目でした。
 

 


そして、昨日
Peace On Earth 日比谷公園特設ステージ
太陽光発電の特設ソーラーステージLIVE

 
   ソーラー発電 ライブ用

そこで響いた佐藤タイジ&SOLARSと加藤登紀子、SUGIZOの音楽

     LIVEたち

坂本龍一、後藤正文(アジカン)、三宅洋平((仮)ALBATRUS)
彼らのトークは聞けて良かった

 三宅洋平と後藤さん 坂本龍一

その夜は 
フォトジャーナリズム『DAYS JAPAN』の10周年記念イベント
への参加(読みはじめてまだ4ヶ月ですが知って良かった)。

     DAYS JAPAN たち 

NHKの七沢潔、子供たちの安心・安全を考えるいわきママの会の方、
文芸評論家のさいとう・みなこ、編集長の広河隆一の写真と言葉たち。

            DAYS JAPAN スクリーン

音と写真と、まさに耳と目から脳内をぐりぐりされました。
そんな3月9日は非常に濃い1日となった。
 

震災後、節目と言われる3回目の3月11日がめぐってくるにあたって
色々な番組や記事が急にマスコミで現れ
イベントもあちこちで起こる。
ずっと起こっていた企画や声があったけど
『忘れてはならない』という声は声高に言えても

 
『原発はいらない』
『脱被爆』
『子供を守れ!』
『避難者の保障してくれ!』
 

などの
放射能から来る、震災ではなく、人災からの影響において
或いは、企業災、その後の国策災、失敗、からの脱却や改善を
声高に全面的に言えるのは深夜かLIVEか
或いは、フリージャーナリストや個人的見解を述べるSNSからの発信になりがち。

 

『忘れる』事はないだろう
思い出し、今を問い、これからを考える
この単純構造が、素敵に実現できないままでいるような気がする。

 

風評被害、がなぜ起こるのか
安全と言われる基準値を震災前と震災後20倍にあげたから
基準をクリアしても不安にきまっているじゃないか。
その中で、とある保育園やスーパーでは基準値を変えて安心を生み出している

  

⇒低線量被爆を限りなく低くする=子供を守る


 

事なのだ。
それは、イコール(=)未来を守る
事に他ならない。
 

NPO法人いわき放射能市民測定室「たらちね」で計り被曝をさせないよう
母親たちが協力して頑張っている。

1キロ100ベクレルの基準を1キロ25ベクレルに設定しなおし
販売されるスーパーはその線量の透明性が売り上げに繋がっている。
風評被害が起こるのは、不透明だからだ。

基準値の高い線量の地産地消では、経済は守れても子供は守れない
子供の給食を基準値の高い線量の地産地消でアピールし
子供も食える食材だから、風評被害をやめろとは・・・
何と言う理論。

現地の抑圧では給食を食べさせたくないと言えない親御さんが多いらしく
言った母親は、まわりから責められる
そんな事が平気で起こっているのです。
自主避難の人たちの保障が立ち消える危険性も起きている。
仮設住宅の方たちの保障もまたしかり・・・。
弱者の年貢はいつだって比率が大きくしんどいよね。
(軍事費をこちらにまわしたら良くない?)


放射能を現在進行形で垂れ流し
冷やす為に注入された水が高濃度汚染された水へと変わり
それがどこへ流れていくかも不明な中で(当然、地中に流れ、やがて海に流れる)
原発技術の輸出のため、お金の為(これを人は経済の為という)
動かすぞ~と頑張る復興と言う名の汚染源者たちの言葉。


三宅洋平が言っていたが
都知事選も、舛添に選挙前から決着がついている選挙において
何を勝ち取るか・・・
それは脱原発という事を支持する人が
あるいはその必要がある事が都民に広がる事が大事だったと。
   

投票者が半分も行っていない投票だったが
投票者の過半数が原発に反対である事。
それを受け止めるべきである。
舛添支持層が、石原や猪瀬支持層が変化ないままの動かない票の中
原発を反対した半分の投票を無視するべきではない。
当然だと思うんだが・・・


 

冷凍食品にマラチオンが検出されたら回収するし
加湿器に発火の可能性があれば回収するし
その企業は詫びて、責任を追及もされる。
しかし、原発メーカーは耐震性に不備のあった原発に対して
その責任は問われず、技術を輸出しようとしている。
これは、あまりにも・・・変だよね。

  

3月11日からほころびてきた、からくりの糸。
結局まだごまかしごまかし
注意をそらし
進行している継続被曝。

  

秘密保護法、集団的自衛権、憲法改悪希望案
問題は山積だし
俺たちは山罪なんだ。

  

参議院選挙、都知事選に選挙と選挙率が低い中
それは、無関心が圧倒的である事を示したまま・・・
あるいは、知る事から逃げている事を示しているのか・・・
素敵な変化が起きない。
  

立ち上がれた人は、素晴らしい。
それはテレビを通じて教えてくれる。
でも、立ち上がれない人を、教えて欲しい。
それは、テレビを通しては教えてくれないんだ。
  

著名人、アーティストはもっと声を上げるべきだと思う。
これも三宅洋平が言っていたが
1票取るよりも、CD1枚売る事の方が難しいんだ。
それをアーティストは売る事が出来ている。
1票は無料だが、CDはお金払ってるんだぜ。
そのアーティストは既に立派な政治力を持っているんだよね。
その声は大きいよ。
特設ソーラーステージLIVEで、音楽のパワーを感じたし。
  

俺みたいな無名な作家・演出家・俳優がいくら隣に説いてもだ
たった1人に興味持ってもらうのに1年掛かったりするんだよ。
俺の言葉なんて、基本的に届きゃしねぇんだよ。
  

でもね、でも!!
著名なアーティストが、伝えてくれたらさ
そのファンの人は、耳を傾けるよね
  

そして、その耳を傾けた人がね、俺の知り合いだったらさ
俺との会話で出来てきた内容とアーティストの言葉と何かが一致した時に
その人にとって、重複した内容は重層的に知識となり
説得力を持つはずなんだ。
そして、「そうかも知れない」って思えるとおもう。
  


そんな総合的な力が必要なんだと思えてます。
それは、『忘れてないならない日』からの『今』と『これから』
の為に必要んだと思います。
忘れないだけでは、前を見ない。
今を見て、先を見ないとんだよね。
  

 日比谷公園にて 山縣有斗

 
2014年3月10日 山縣有斗

 

------------------★★

子供たちの保養の効果はチェリノブイリの子供たちへの取組みの成果で
示されています。
チェリノブイリでは、その効果を認め国が補助をしていますが
日本においてはまだ補助がありません。
福島の子供たち(外で遊ぶ自由が薄い)への保養の取組み為に、健康の為に。

     支援募集

現在、NPO法人 沖縄・球美の里 が支援を求めています。

募金額は減ってきているそうです。
必要な募金は本当に沢山ありますが、ここもお見知りおき下さい。

 宮崎駿さんが描いたしるし 宮崎駿さんが描いたシンボルマーク

------------------★★


スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<宇津井健さんのご冥福をお祈りします | 役者ノートブック | 貝殻のおもひで、ぽろぽろ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。