スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ペルソナ・トレイン 暴走した電車を止めて欲しい~!
2014-02-02 Sun 00:44

このブログにも、『Persona Train』の3分ダイジェストCMを乗せておきます!
ペンは剣よりも強し!
ペンで刻まれたものを声に出した時には、権威よりも強し!
でしょう~!


「放射能で死んだ人はいない」と平気で嘘をつく、都知事選候補の田母神さん・・・
それ聴いて、愕然として、泣きそうになった。
石原元都知事が応援しようと、これ聴いてさ「そうだったのか!」って思う人いるの??
あなた方こそ、偏見捨てて、知る事から始まると思うんだ。

被爆者の声や、亡くなった方、まはウラン掘ってる人たちの健康被害からの死因を
ちゃんとみて欲しいよね。
保障したくないから、関連を認めなかったり、検査をさせなかったり、って、被害者を守って欲しいよね。

弱者を守るのが、やはり強い人って言うのはさ
あたりまえだよなぁ。





もうちゃんと動き出してるんだよね
選挙だって、どんどん変わってきている!
名護市長選だって変わった!
相馬市長選も変わった!
東京都も変われる!

アカンもんはアカンって言って、そこから別の発想をしていく未来を考えたいよね。



この朗読演劇の演出について・・・

『Persona Train』は、いわゆる朗読を意図した演出は一切していない!
演説ならば、演説としてちゃんと読む事。
イメージで読まない!
その状況の当事者として、想像して読む事!
この決定的な違いが、伝える事のエネルギーを左右する。
だから、この3分の映像だけでも、通常の朗読のような語りではない事が察してもらえると思う。
イントネーションやら、朗読のよくある感じとか、まったく置いてきて
むしろ、そんな形式などどうでもいいのです!
とさえ言わせてもらいます。
『そこに在ること、そこにいる当事者からの言葉』から始まる言葉として演出しています。
日本語を大事にしたい気持ちもありますが
内包するエネルギーや言う人の熱の導線がちゃんとまっすぐ出る方がはるかに大事です。

そんな演出をしていおります。
どうぞ、よろしくお願いします。

演出:山縣有斗

 
 
スポンサーサイト
別窓 | 演出 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<節分!豆まいてますか、恵方巻食ってますか! | 役者ノートブック | コンテンポラリーダンスを観賞 IN横浜赤レンガ倉庫 そして・・・考察する>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。