あるスキャンダルの覚え書き
2007-06-16 Sat 20:03

何から書こうかなぁ、と思い先にこっちを。


映画「あるスキャンダルの覚え書き」


観てしまったわ。


      このお二方!よっ!!


いやいやいや、間違いない!


来た!!


いい映画だった。ホント、マジで。


寝不足な俺を吹っ飛ばすほどの作品だった。


見事な演技合戦がここにあり!


「葛藤」の見せ所をしっかり魅せてくれました。


いいね、


泣きはしなかったが、熱い!


   よっ!先輩!!


で、怖い!!


     よっ!大将!!


俺ははっきり分かった。



って・・・怖い


            この視線・・・おお。


そこに起こっている出来事が、まさにそこで体感されているような緊張感と気持ち。


2人の主役女優が圧倒してくれました。


名女優ジュディ・デンチケイト・ブランシェットとの見事なやり取り。



ああ、いい!



どうしてこのようないい作品が単館上映なのだろうか・・・もったいない。


ベルリン国際映画際で話題を呼んだ作品だが・・・日本おいては地味扱いなのかなぁ。


俺は、このような繊細且つ大胆且つ熱い芝居の方が全然スキやねんけどなぁ。


ウッディ・アレン監督の「マッチポイント」が好きな人には、もっといいかもよ。



いやぁ、マジでOK牧場。

スポンサーサイト
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ワークショップ | 役者ノートブック | 古典戯曲「かもめ」>>
この記事のコメント
またまた、お薦めですね♪
なのに全く映画観れてません(>_<)
メモっておかなくては‥φ(.. )

2007-06-17 Sun 13:34 | URL | いつみ #YghsdqYw[ 内容変更] | top↑
またお勧めです。
是非是非。

なかなか時間がなくなってきた感じですか?

必要ですよね、こんなスパイス!
2007-06-17 Sun 21:55 | URL | 山有 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |