スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラファエロ展
2013-05-30 Thu 11:15

500年も前の作品が、日本で観れるってことで
ラファエロ展行ってきました

   500年かぁ、ラファエロと山縣有斗

天使たちを描いたイメージが強かったけど
肖像画があったりと
装飾画がほとんどだった

板に描かれてんだね
それが残ってる凄さ、色彩の細かい陰影までしっかりと残っているし

「美」の連続だったなぁ

サン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂の天井の装飾画を任されて
頭角を現していったっていう
ローマに行きたくて、その仕事とチャンスをうかがっていたっていう意外と野心家だった
しかも、ローマで頭角を現して、責任者になって巨大な工房を持ったり
版画を作って売りさばいたりと
商売っ気もあり、野心家でもあり、工房つくるくらいに仕事場を創造の場とするなり
熱い人だったんだんぁと勝手に感じるわけで

人柄も想像すると、また一段と目が離せない時間となった

かの有名な「大公の聖母」・・・背景が黒で聖母が子供を抱いている姿

    大公の聖母 いいね

これも、ホンモノの美しさに「おお・・」です
しかも、何と背景はもともと黒ではなかったと・・・窓が描かれていて
どうやら、持ち主なりが
背景のイタミを隠すために、あと当時の流行のために、黒に塗ったと思われ
結果、主役の聖母と子供を浮き彫りにした作品として今に至るっていう
天使の輪が、また細くて、か弱い感じが、危うい脆さを出していて
そこが優しい雰囲気にマッチしてて、いいなぁって

しかしまぁ、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ビンチとよくもまぁ同時期に
この3人が居合わせたもんだなぁって

そんなレオナルド・ダ・ビンチ展が、隣の美術館で今やっていたっていう
これも観たいなぁ
解剖図に興味があったからこそ描けた人間の肉体美
ちょっとラファエロの赤ちゃんは脂肪が多すぎるなぁって時もあったけど
ふくよかさ、柔らかさは、ちょっとした安心をもたらす感覚が俺にはあって
いいね
全然デブ専じゃねぇぞ!と言っておきますが


しかし
話題沸騰なのか、もうすぐ終わりだからか、人が多かった
美術館でこんなに混み合うのは久しぶりって感じだった
平日にも関わらず
あと、観る人のマナーが・・・やはり悪くなってるような気がしてならない
音声解説が本当に危険だなぁ
ウォークマン聴きながら歩く危険さをもろ感じさせる態度たち
割り込み、足ふみ、べしゃり声
しゃべる人は、声を聴かせたい衝動があるのかなぁ~
美術館は静かなものなのかどうかルールは本当のところ分からないけど
しゃべっている人の解説は聞きたくないよ~
もちろん音声解説は俺はごめんだ~

俺は自分の感性で観たい
そして、知りたいなら自分で調べたいよ

そこれこそが興味への探検だからね
発見の連続だからね
スポンサーサイト
別窓 | 芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<袖を通す、Tシャツ | 役者ノートブック | クランクイン ようやく!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。