2012年 最後の報告として
2012-12-31 Mon 00:00

もう間もなく、2012年が終わりますね。

こうやって、毎年新しい年を迎えることができるのは

区切りとしても非常にありがたいことだし

気持ちを切り変えていくこという意味においても非常に大事だし

継続していることでも、またリフレッシュの意味を成すことで気持ちを再加熱が可能だし

大晦日とは、とてもすっと胸に落ち着くときなのだと思える。

着地点としてね。


言ってみれば、すべては捉え方次第なのだ


意味を成す、区切りになる、新しい気持ちになれる、これは魔法のようで

実はいつだって可能で、捉え方次第でプラスにでもマイナスにでも受け止め可能なのだ。



まことに勝手ではございますが

2012年を持ちまして

2011年に企画・制作8DORIと旗揚げした、「事象A」(演劇団体)を

解散することに意を決めました。

事象Aとしての活動・公演に多大な力を貸してくださった皆様

応援してくださった皆様

参加者の皆様

本当にありがとうございました。



事象A代表の山縣有斗の勝手な諸事情ではございますが

8DORIとの活動の歩みを止める決断を致しました。

企画・制作にはたくさんの尽力を頂き、活動の幅も広がり

さまざまな方法で発信する機会を頂き

山縣自身、さまざまなチャレンジができたと思っています。

ありがとうございました。


これからを期待して待って下さった皆様・・・


どうか、それぞれの今後の活躍、または幸せと

変わらぬ応援を頂けたらと思っております。


誰かが言いました。

「試してみることに失敗はない」


その文字通り、チャレンジをさせて頂く機会を得て

体感したことはたくさんありました。

得たものを糧にしていこうと思っています。

そして、来年また新しい気持ちでゆっくりと歩き出せたらと思っています。

タイミングはいつになるのかは分かりませんが、また皆様の前に顔を出せる日を楽しみにしています。



何度だっていろんなことを試してみるのです。

そのつもりです。


それでは、皆様、今年もありがとうございました。

よいお年を・・・


  青空の向こうへ



2012年12月31日

山縣有斗






スポンサーサイト
別窓 | 事象A | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新春 描き初め | 役者ノートブック | クリスマス前に親知らず>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |