スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
蛾かぁ・・・
2012-05-30 Wed 01:29

「HUG!」公演は、今週土曜日まで!

お客様との一体感を裏でもひしひしと感じてしまいます。

やっぱ、演劇っていいなぁ

分かってるけど、手綱を握り返すように、何度も感じてしまう。


刺激をどしどしと受けながら

俺って、本当に小さいんだなって、受け止めずにはいられません・・・


何一つ写メを抑えていないので、状況をお伝えできないのが残念です


ところで、今、我が家に蛾が1匹迷い込んできました。

じたばたして、部屋に掛けてある服の裏とかに隠れていて

不意に服に触れた瞬間

ばたばたばた!!

と、飛び出してくるから、俺としては

「お前には触れたくない!」という一心で

マトリックスばりの身体のくねりで奴をよけることになる

日頃から身体をゆるめておいて良かったと思う瞬間である。

俳優訓練していて良かったなぁって、おい!

そこじゃないんだよ、俺が言いたいのは・・・

殺すべきか、逃がすべきか

ここだ。


夜中に無用な殺生をしては、良くない

かと言って、逃がすのはちょっと追い込みが大変だ

それに、今現在、奴を見失っている・・・


田舎では、蛾なんてしょっちゅう家の中に入ってきたり

網戸の網に元気よくぶつかってきていて見慣れているのに

あの模様だけは、色だけは、芸術とは程遠く感じられてしまい

できれば、出会いたくはない。

ちょうちょうに生まれるか、蛾に生まれるか、本当に運命の分かれ道なんだなって

冷静に思うところもあるけど

色や形で生き物を判断しちゃいけないってのも分かってるんだけど

だが、どうして、蛾って・・・

無邪気に触っていた幼少の頃の、あの手についた蛾の粉

おっと、思い出しただけで背筋がざわっとするぜ


奴らにしてみれば、ただ、「我」で生きてるだけなのにね

蛾だって、ただ「我」で生きてるだよね

もらった命をただ無邪気に生きてるだけなのにね


そう考えると、ある種の同情が生まれております・・・

できれば、たった今、逃がしてやろうと決意しました。

行方は追って報告しますね。





スポンサーサイト
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<映写機 | 役者ノートブック | バンダラコンチャ いよいよ明日初日!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。