FC2ブログ
FC2動画の回転率
2018-05-31 Thu 22:37
FC2ブログの動画って
YouTubeより全然回転率が速い
なんでだろう

AW(Acting Workshop)の画像素材で作ったもの
画像はがち俳優過ぎて
一般向けと表示しても、よくよく考えたら
ちょっと怖く映るかも知れないですね

動画:AW(Acting Workshop)俳優トレーニングを日常に


ブログを久しぶりに稼働させて
動画登録も過去にしていて

このラジオの収録風景
若気の至りですが
バカ過ぎてやばいですね・・・
再生回数が6000回を越えてるなんて、、、俺にとっては凄いことです

動画:アテプリ!ラスト★ラジオの時間 エンディング


ちなみに

役者ノートブック 改め
AritoArt3 というブログ名に密かに改名されましたので
今後ともよろしくお願いします


スポンサーサイト



別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
阿佐ヶ谷のカレーフェスティバル 食べ歩く
2018-05-29 Tue 23:55
※これほどまでどうでもいい食べ歩きの日記って
やっぱブログならでは、だよね、きっと

先日、阿佐ヶ谷北口スターロードフェスティバル
★ワンカップカレーフェア★

カレー スターロード 

へ ちょろっと行ってきた
何と、この通りにある居酒屋やカレー屋やカフェや
何かスナックもかな、100円カレーを用意して
カレーを食いまくることが出来る
物凄い良心的価格の
まさに夢のカレーフェスティバルだった

カレーマップ  

Facebookのシェアで流れてきた情報で
広告から匂いが漂っていて
文字通り
喰いついた

そんな次第です

もう、胸躍って
その日はいい事もあって
カレーだし
そう
カレーって
給食の時からね
くすぐる期待感というか
ずっとDNAに刻まれてしまってるよね

何だろうね、うきうきしちゃう感じがあって
サクサク食っていったんだよね
物凄い種類が地図からも分かるようにあるから
手当たり次第いってやろうって思ってね

入口付近の
インドカレーの豆カレーとミニナン付き
からせめていって
ちょとぬるめだったけど、ナンと相性ばっちり

カレー1   

次は5日間煮込みました!
お姉さんが叫ぶもんで
フランスパン付きで
濃いけどいい感じに食して

カレー2   

居酒屋だったと思うけど
もつ煮込みカレーってオジサンが言っていたので
飛びついて
もつのカムカムな食感とうま味を楽しんだ

カレー3   

この3件の時点で、まだ300円しか使ってないからね
テンションあがる
で、このもつ煮込みがうまくてさ
ご飯欲しかったけど
ないから
フランクフルトを買ったっていう
これ150円
もう、普通のお祭りより全然良心的

この時点で450円だからね、俺


で、また居酒屋だったと思うけど

カレー4   
 
カレーうどん

あ、でた

カレーうどん

この流れで来て
カレーうどん、だからね
別の切り口で来た、っていうか
且つ、あ、欲しかったそれ!みたいな

で、熱々のカレーうどんを、厳密にはカレーきつねうどんを
ほくほく食して
この時点で550円(いちいち細かいね、俺)
 
よ~し、さぁ1000円くらい使っちゃうかなぁなんて
太っ腹な気持ちになってきたので
さぁ次と向かったのが

スープカレー

でた、ほら

スープカレー

ここまでに、スープカレーに出会ってないし
くすぐられた感じあるよね

で、さっそくスープカレー購入
これで、ここまでで650円さ


スープカレー、もう鍋からぐつぐつ地獄の温泉のようになっていたわけ
熱々だなぁって
ちょっと慎重にね、食べないとね、って気持になって
通りから外れた場所を確保して
食べようと思ったけど

あ、写メしとくかぁ
これまで撮影してるしなぁって思って
あ、自分写ってねぇし
ちょっと、自己顕示欲が出てきてしまったわけで
スープカレーと俺、なんて絵を想像してしまって
何でか、承認欲求が出てきてしまって
カメラを自分に向けて撮影しようとしたその時

じわじわっ
じーん!!

カレーのカップを持っていた左手が

火を噴いたような感覚に!!
熱々のスープカレーがカップから飛び出し
俺の左手のひらにこぼれ落ちていた

右てにスマホ
左手にカレー
どうする事も出来ずに、パニックだよね
カレー拭きたいけど、拭くものがない!!
で、慌ててスープカレー買ったところに行くと
「大丈夫」なんて(笑)な様子で
ウェットティッシュを二枚もらって
とりあえず左手を拭いて
ついついカッコつけてしまって
「あ、大丈夫、大丈夫」って
俺も応えてしまって・・・
バカだよね

ウェットティッシュが足りないから
さらに二枚もらって、左手を拭いて、なんとか綺麗になったが

もうそこからヒリヒリが始まった

左手が相当ヒリヒリして
じっとしていると
やばい
ヒリヒリが半端ない
そのヒリヒリは
風を受けるとパワーアップする

じっとしていてもヒリヒリするし
歩いても風を受けるのでヒリヒリする
つまり
いつでもどこでもヒリヒリ状態で・・・
 
子どもの頃に
五右衛門風呂だった我が家で
小3くらいかな
風呂焚きをした際、窯の入り口の鉄扉を素手で開けようとして
左手を火傷したことが
フラッシュバックした
あの感覚
すぐに親父に水で冷やせって言われて痛みの恐怖と戦いながら
水で冷やし、数日間痛みと戦った記憶が蘇った
 
不思議だよね
あの時の痛みをほんと追体験しながら
阿佐ヶ谷の商店街を水を探して歩く
駅前の噴水まで行って、蛇口で火傷を水で流す
ここまで来るのに5分くらいかかったと思うが
もう痛くて痛くて・・・
重度の火傷を負ってしまったと悟った

駅前だと人も多いので
地域区民センターのトイレで
またしばらく10分くらい水を流す

この時点で
カレーなんて、もう絶対食わねぇよ
って気持が少し芽生えた

水で流す自分の手を見つめながら

自撮りなんてしようとした
自分が恥ずかしくなってくる
バカだった
ちゃんとカレー置いてから撮れば良かったやないか
浅はか
もっとカレーとしっかり見つめ合っていれば・・・
スマホに気持ちが向かわなければって・・・

ってか、カレーと自分を写メして
世の中に見せびらかしたいって思った自分が
とことんバカみたいだなぁって思えてくる


そして

そしてね

これブログに書こう


って、水で流しながら思ってね

なんだろうね
この自己顕示欲って・・・
痛いのに

水流しながら、自分の手をぱしゃり


カレー 火傷   

たぶん、しばらく左手使えないなぁって
そのまま、薬局で軟膏を購入して
つけて
ヒリヒリするので、忘れたくて
帰宅後には俳優トレーニングを1時間程度公園でたしなみ
水ぶくれになるなぁっていう恐怖と戦いながら
しっかりと自然治癒をイメージして過ごし

翌日・・・

問題なく回復したっていう
水ぶくれもなし
少し赤身が残ったくらいで


全然痛くもない


自然治癒力か、軟膏の力か
最悪を想像すらしていた
自分なんてすっかり忘れて元気になった

そしてこう思った
 
 

もうカレーなんて食べないなんて
言わないよ絶対






別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「たぐる そして みらいへ」プレイベント終演 と 非営利団体ここなみ舎 と
2018-05-27 Sun 13:16

5/10 「たぐる そして みらいへ」プレイベント
@杉並公会堂小ホール

こちら無事に終演しましたので
改めて山縣からもご報告させて頂きます

   たぐる 全員集合  
 

先だって昨年
図書館で埋もれさせてはいけない大切なヒロシマ・ナガサキを体験された方々の手記を
どうにか、触れる機会が、表に出す機会がないのか
そんなお話を頂き、ステージという形で準備し

そして
昨年12月10日、杉並公会堂にて
杉並光友会(杉並被爆者の会)の皆さまが体験されたあの当時を
綴った手記を朗読し
且つ、今の時代に対して全身表現でモノローグという手段で表現させて頂きました
そのタイトルが「たぐる そして みらいへ」なのです

たぐる そして みらいへ 山縣有斗 
       
     たぐる 秀ほのか   ※秀ほのか  

たぐる そして みらいへ 山縣有斗2 


不思議なタイミングですが
核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がこの年
被爆者のサーロー節子さんと
ICAN事務局長のベアトリス・フィンさんの受賞スピーチは世界を圧巻させました

※ちなみに唯一の被爆国の日本という国は、批准できていません

そして、このような趣旨で
自分という表現者ツールなどを使ってお伝えできること
とても、やる意味や意義を改めて、俺個人としても受け取りました

そして賛同された方々と
非営利団体 ここなみ舎 としても活動していくこにしました

その再演を予定していましたが
少し違う形態など模索していまして
公演とは違う形で、今回はイベントとして
「たぐる そして みらいへ」プレイベントとさせて頂きました

合計11組のアーティストたちが
集ってくれました

   ここのみ たぐる チラシ

それぞれ素晴らしいステージ
それぞれの個性
それぞれの形態
さらに広がっていく世界を感じました


簡単ですが紹介させて頂きます
以下紹介文、Facebook「非営利団体 ここなみ舎」の文章抜粋です(文章:唐ひづる

■松原のんのん
松原のんのん   
与謝野晶子の短歌と「君死にたまふことなかれ」をアカペラと朗読で表現、滋味のあるセクシィな声を届けてくれました。

■中田真由美
中田真由美 
玉ねぎっぽいヘアスタイルで有名な彼女の幼少期お弁当エピソードを、可愛らしく、そして愛情たっぷりに朗読してくれました。
優しい声を聴いていたら、おなかが空いちゃいました。

■yamakyon
yamakyon 
太宰治の「海」と、自作の詩をギターをぽろろんしつつ朗読してくれました。
太宰もユーモラスでキュートだったけど、カラフルなオリジナル詩も素敵でした。

■柴田ヒロキ
柴田ヒロキ 
超絶カッコいいギターと力強く伸びやかな歌を聴かせてくれました。
ギターオタクって…⁉︎ この日弾いてたギターも、なんか凄いやつらしい(1966 YAMAHA FG180)。

唐ひづる with ヒロキ
唐ひづる with ヒロキ 
柴田ヒロキ氏のギターに乗せて、水城ゆう氏の「移行」を朗読しました。
「ささやかな物語を生きたいだけ」の平凡なおばちゃんパフォーマンスと柴田氏の華麗なギターテクニックが奇妙に融合。

■鎌倉の雨
鎌倉の雨 
Vo. イヴァンカ、Gt. ジョダギリ・オー、Sax ビリー・ジョンイル
という構成ですが、なんと全員日本人なんだそうです。
演奏は・Corcovado(アントニオ・カルロス・ジョビン)・美貌の青空(青葉市子)。
声質がボサノヴァにぴったりで、心地よい空気感が素敵でした。

てんトコラ 
「武装せる市街」の一部を朗読。
これ朗読?と括れない独自のスタイルでグイグイ引き込まれ、
お話全体のスジとかそんなことはどーでもよくなってしまう、必見のパフォーマンスです。

■タケシ&ザ・ダイスケ
タケシ&ザ・ダイスケ 
高校生になりたての沖縄三線弾きには、会場から「きゃ~かわいい😍」の声が。
親子ユニットならではの、声のシンクロ性と息合いで、荻窪に沖縄の風を吹かせてくれました

■坂崎すずえ<Suzie>(ギター伴奏 方喰浩)
坂崎すずえ<Suzie>(ギター伴奏 方喰浩) 
さすがの歌唱力です。パワフルでありふんわりであり…3曲も披露してくれました。
Original曲の「Diary」、沁みましたねぇ。
MCでも会場をひとつにして、温かいステージでした。

秀ほのか、てんトコラ、唐ひづる 
ICANのノーベル平和賞受賞式での、サーロー節子氏の演説抜粋を、
てんトコラ唐ひづるをサラウンドにして朗読しました。
その声の響きから、平和への想いがしっかりと伝わってきます。

山縣有斗 with 村男 
        村男 山縣有斗 と 
村男と山縣と 
村男のパンチのあるギターとヴォーカルから入り、山縣のモノローグパフォーミング。
身体から、声から、力強くその想いが発せられます。
こちらも言葉では説明できぬものがありますので、ぜひ観ていただきたいパフォーマンスです。
※山縣、自分だけ写真多くてすみませんm(__)m


今後も様々な共演者と一緒に
場所問わず
小さいスペース、大きなステージ
いろいろと表現できたらと思っています


今後とも、「非営利団体 ここなみ舎」を
よろしくお願いします


別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
カラテ体験について
2018-05-26 Sat 22:20
先日
打合せで寄った

高円寺カフェぽれやぁれにて

空手ワークショップが今日あるからやりなよって
マスターが言うので
いきなり参加

カラテ ぽれやぁれ 

空手四段の小日向藍菜先生にいろいろお話を聞けた
先生はちなみに世界空手連盟の方で、空手マガジンCHAMPの編集部部長って
なんだか若いのに凄いんだよ
その肩書に俺は既に急所を突かれた

そう、でね
「カラテ」はもともと中国から伝わるカンフーなどの武術から来ていて
沖縄が発祥なんだってね
「唐手」って字だったんだって
唐だから中国

それだけで、へ~ってなっていたら

中国や本土からやはり圧力を受けてきた土地で
相手を倒す練習をすると、捕らえられたり、痛い目にあうわけで
型の練習と思わせて、敵を欺き、急所を攻撃する練習したのが空手になったっていう

調べもせず、うろ覚えだが・・・
そんな話をしたが

奴隷だった人たちが
ダンスと見せかけて、攻撃の練習をしていた「カポエラ」と同じような
そんな起源から空手も来ていると思うと

なんとも言えない気持ちになった

遠く離れた異国の奴隷制があった、あの国の出来事だったことが
近くの日本の出来事に値するなんてことが

きっと、遠い昔の話だけど
それは今も続いてる沖縄への水面下の日本政府の扱いに関係している気もする
続いてるって感じがするんだよね

ちなみに

映画「カラテ・キル」(光武蔵人監督)に
アクションで入った友人の話では
主演のハヤテさんは、空手でも金的や目つぶしなど急所を攻撃する空手だという
まさに勝つ為の空手!

そんなうろ覚えな事も平然と
先生に語ってきたっていう
そして、やはり「ベストキッド」は外せない
もう、この話に尽きるね

最初のベストキッドもいいけど
最新のジャッキーのベストキッドもええぞってなり

そして、ジャッキー・チェンに繋がり
急所を狙う為の酔拳の指先の修行や(くるみを指で割るやつ)
蛇拳の手首の恐ろしいほどの修行の話をして
熱く語ってしまったが・・・

誰一人、ジャッキー・チェンの映画を観ていないっていう・・・



先生!






別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
元陸上自衛隊レンジャー隊員、井筒高雄さんの講演会へ
2018-05-20 Sun 10:17

元陸上自衛隊レンジャー隊員
井筒高雄さんの講演会へ
9条改憲と自衛隊を考える

行ってきました
井筒さんの講演は、DAYS JAPANのイベントでも拝聴していましたが
まさか阿佐ヶ谷の80人の小さい規模できけるのは貴重で
良かったです

  井筒さんと有斗2  

若い世代がやはり少ないですね
参加者・・・
おれも若いけどさぁ
さらにかみ砕いて、おれもまた
違う表現で伝えていきたいですね
 
 
ちょっと簡単に記すと

現政権は、自衛隊を9条第3項で追加しようと考えているが
記載しようとしまいと自衛隊の現状は変わらないのであれば
記載する必要がない

そりゃそうですよね

元の自衛官の立場から、自衛隊の現場で起きていた事や
集団的自衛権で海外派遣されるリスク
PTSDによるその後のリスク
軍事費に世界第4位になろうとも結局抑止になるほど
中国やアメリカを上回る事は出来ないわけで
まったく抑止にならないこと
 
アメリカから武器を買うが、その米軍を上回る最新兵器は当然買うことなどできず
劣化した武器、時代がひとつ遅れた武器を
日本は購入させられているということ
そりゃ最新武器を米軍と同じく持ってもらっちゃ技術拡散で困るもんね
オスプレイも世界中がこんなダメなヘリ飛行機いらないって言ってんのに
買わされたの日本だけだしね
  
いざとなったら奄美大島以西を犠牲にされる現状の米軍の指針があって
それを受容せざるを得ない日本
まったくバカげている・・・
米軍が世界的にもどこまでもジャイアンなんだけどさ
どこまでもスネ夫なんだよ日本・・・ていう 
 
自民党の改憲は壊憲と呼ばれてますが
立憲主義が壊されます
憲法99条 憲法尊重と擁護義務についてですが

憲法は、天皇や摂政、国務大臣、国会議員、裁判官、公務員が守るもので
そこに「国民」の文字はないんです
権力者を暴走させない為に憲法でしばりをかけているんです

それを「国民」が守るものに変えようとしています
民主主義が崩壊しちゃう事態だったりしますよ
びっくりです

憲法に国民の義務を課す国は、例えばどこか?っていうと
これは目からウロコでした・・・

中国と北朝鮮憲法のみ・・・です

国の言う事をきかないと
罰せられるということ
それは全体主義、国家主義と言われ、徴兵制も当然あり得る事

井筒さん  

海外派兵は、法整備も整わないので伊勢崎賢治さんも日本の矛盾をついていたが
戦力を保持しない日本において、「戦争行為」は憲法違反
集団的自衛権や駆けつけ警護という名の「人質奪還作戦」(事実上戦闘に参加しますよね)は
日本は国際法上、憲法に対して詐欺を働いてる構図

国際法の開戦法規と交戦法規で、開戦しちゃっても
戦争犯罪を罰するルールは、戦力の保持が前提なので
戦争できるわけがない日本には、戦犯を裁くことができないという・・・
集団的自衛権だけ認めても
まったく他の法整備が憲法上できないので
矛盾だらけなんです

「戦死」という言葉も当ては回らない為
海外派兵で、死んでも「事故死」か「病死」しかないっていう

だから法整備すればいいのか
ではなく
憲法を壊せばいいのか、じゃなく


戦争しない為の憲法や国交のあり方を問う議論が必須という事


戦争とは、外交の失敗なのです


対話のための対話はしない
と誰かが言っていましたが
対話の為に、まず対話しないと始まらない

そう思います
たぶん、小学生でも

改めて、いい時間を過ごせました
色々なお話を直接きけました

井筒さんと有斗1  

お誘い下さったグリーンピースジャパンの大場さん
井筒高雄さん、ありがとうございました
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
窮屈になってきたタイトル「役者ノートブック」
2018-05-18 Fri 00:13
昨年9月より、更新をしないままのブログ

2006年

友人に勧められて始めたブログ


やっぱり、続けよっかなぁ

事務所のHPからは

このリンクしか貼ってないし(笑)

いま、Twitterやインスタ、Facebookと

短い言葉で、サクサクっとやる事に慣れて

はたまた

読む側も、短い言葉に慣れて

綴ってったながーい文章は

一般には、最初から高い壁を見上げるごとく

ハードルの高さを感じさせてしまう

かも知れない


俺も、もはやそんな所があるように思う(笑)

というかタイトルの「役者ノートブック」すら、もう

着てる服が小さくなっちゃったように感じるんだよね

窮屈なんだよ(;^_^A

タイトル変えると、ブログの歴史が終わりそうで・・・

迷うなぁ

そのまま

でもいいかなぁ

書いて読み返さないくらいのレベルでしか書かないけど

文章を時々、たれ流そうと思います


    「自由だわん」    いぬ 



別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| AritoArt3 (旧役者ノートブック) |