思考停止について あれこれ
2016-03-29 Tue 04:20


※ ※ ※
 

人には成長しなければならない部分と

どうしたって成長できない部分と

成長してはいけない部分があると思う
 
 
その混合の比率が人格であり



  『流』からの引用
 
※ ※ ※

 

なるほどなぁと思いながら

 
成長してはいけない部分が、どこなのか

それは人によって違うのかなぁなどと、思ってみたり
 
 
小説の続きを言うと



※ ※ ※

 
うちの家族に関して言えば、

最後の部分を尊ぶ血が流れているようなのだ。

 
  『流』からの引用(上記続き) 

※ ※ ※

 
倫理的な視点であれば、同種族を想う大事な事だけども

同種というカテゴリーを狭めた時に起こる

多種への排他的な視点は

きっと、変える事ができない人も多く


それを現実社会目撃するに
 
胸は苦しくなってしまう
 
 
 
  
成長してはいけない部分が

もし、【血】と捉えてしまう場合
 
歴史や、恨みつらみ、悲しみ、そんな近代史は

DNAよりも浅いはずなのに

根深い螺旋階段のように続いてるほどの事に感じられるが

そうは言ってもDNAよりも浅いのであって、きっと

きっとね 

でも、緩めたり、薄めたりする事はできるのだろうと

想える

 
緩めたり、薄めたりする事を可能にする為には

その濃さや深さを知らない限り

不可能なこと
 
だって、深いか濃いかは観たり、実際に観たり飲んだり

自分に取り込まないと分からないものだもんね
 
 

 
すると、成長しなければいけない部分になっていく 
  
 
とすると

成長してはいけない部分、が本人の自覚としてあるが

それが本来は、成長しないといけない部分、だと気が付いてない場合
 
思考停止となる可能性をはらんでる
 
 

 
 深いなぁ、それ
 

桜をみる 山縣有斗
 


余談
 
例えるなら

日本国憲法がアメリカからの押し付け憲法であると

だから、日本人の手で変えなければならないと思っている首相がいて

岸信介もそれを言っていて

憲法の良し悪しに関して思考停止状態に陥り

しかし、音声データから、幣原喜重郎が9条を提案してるという発言した記録があり

9条はアメリカの押し付けではなく

日本人(幣原喜重郎)が加えた部分の可能性が大いにあり

改憲派の根本が揺らぐはずが

揺らがないのは

きっと


成長してはいけない部分、と本人の自覚としてあるが

それが本来は、成長しないといけない部分、だと気が付いてない場合
 
思考停止となる可能性をはらんでる

 

と合致するかもなぁ
 
 
こんな真夜中に
 

ふと思った




もちろん、真実が逆なら、逆もしかりなのだろうが

小説がこうやって考えさせてくれるなんて

読むという事はまた素晴らしい
 



 
スポンサーサイト
別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
5年目の3月11日が始まり、胸が詰まる。そして、チェリノブイリから30年、福島から5年。
2016-03-11 Fri 18:11

2011 3 11 14:46

Peace On Earthにて

多くの方々と黙とうを捧げました
 
 

お悔やみを申し上げると同時に 

多くの方の、その後の経済的、精神的安否を案じております

 
 
核の光ではなく

太陽の光へ
 

今を受け入れ
 
決心した明るい、光の方へ向かう事を願っています

 
 

かもめのジェシカ 明るい方へ 横バージョン 山縣有斗 

  

※『かごめのジェシカ 明るい方へ』
もともとは、絵のサイトで縦の絵で発表していますが
このように横にするとまた
違う視点で世界が明るく開けそうです
 
 
  


あの時と同じように、今年は金曜日

あの状況とは、もう違う、金曜日になっているだろうか

 

僕らは、自然の猛威の力と、核の危険性を再確認し、
 
様々な決心をしかけては

国策、政策により、踏みにじられているモノがおおくある事を

感じざるを得ません
 
 
震災から5年

しかし

原発事故が始まって5年です

現在進行形です・・・

 
 
怒りは、今、ここでは置いておきますね
 
 
それぞれの命が尊ばれることを
 
これからも

ずっと望みます
 
  
 
 
2015年3月11日
 
山縣有斗

 
別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
浦沢直樹展『描いて、描いて、描きまくる』 手塚治虫に影響受けた浦沢直樹に影響を受ける
2016-03-03 Thu 16:01

 
浦沢直樹展

『描いて、描いて、描きまくる』


行ってきました
 
浦沢直樹展 山縣有斗 


子供の頃から描きまくっていた少年から
今に至るまで

絵の遍歴と

各漫画の一話まるごと原画展示

そして、自身のCDのブックレットのカラー画の作品

巻頭カラーの絵など

パステルや水彩、カラーペン、色鉛筆、インク、カラーインク

漫画独特のトーン(ドットや線が細かく入っているやつ)の使用など


とその画材も様々使用していて

バンド・デシネや世界の絵本の世界においても

まったく重要なアーティストである事に疑う余地がない
 

子供の頃からずっと好きな作家

浦沢直樹展 おかえり  
   

「漫画みたいな事を言うな」

って言葉自体が漫画をなめているよ、と本人も言っている通り

どこか、大人たちは、(俺から見ても大人たちは)

そんなふうな風潮を今もって思ってるところもあるでしょう


いや、もちろん、程度の差はあるかもだよね

作品として

手塚治虫の『火の鳥』とのむらしんぼ『つるピカハゲ丸』と

アートという面や漫画的文学的にみると

比べることはできないけども

浦沢直樹展 ともだち


マイケル・サンデルが言ったように

シェイクスピア作品とザ・シンプソンズ、どちらが好きかと言うと

多くは(米国内)ザ・シンプソンズと言うだろうし

子供に観てもらいたい、あるいは後世に残したいのはどっちといと

多くは(米国内)シェイクスピア作品と言うだろう


シェイクスピアはアメリカじゃないけどね・・・

浦沢直樹展 名前のない怪物

結局は、どちらも良さはあり

その素晴らしさを感じて認めるのは人の評価ではなく

自分自身のハートである事には間違いない


よくわからない大人は、きっと、「漫画だろ?」と読まず

決めてかかって、色眼鏡をつけ

画力の感動も、感じないよう見る可能性もある
 
 
そんなもん
 
とっぱらいたいものだ


それは、無名だろ

と同じ眼鏡で、取りずらい眼鏡だよね
 
 
浦沢直樹展 エントランス

とにかく、素晴らしい作品だった

浦沢直樹作品は、小学校後半だったかなぁ『YAWARA!』のアニメで

ズコーンってきたもんあぁ

で原作読んで、おおいにワクワクを楽しんだ

その後、しばらくして、兄貴が『MASTERキートン』を薦めてきてさ

こういう時、兄弟って、影響をずんずんもってくるから

観る世界が広がるからいいよね

その『MASTERキートン』に大興奮した!
 

作家もね、描きながら、作品の途中で技術がぐんぐん伸びるんだよね

その過程をまた変化してる描写に驚いたし
 
映画的な感じに物凄い圧倒されたんだよね

まるで映画の1シーンみたいじゃん、このアングル!!

え、この一コマ!贅沢!

みたいな

物語も日本の学者があちこち回る、日本人が

ある意味インディジョーンズでもあり、シャーロックホームズである

そんな冒険にわくわくした感動を俺は忘れていない


『MONSTER』もね、兄貴が持ってて、それ見て

ぎょえ~~~!ってなったもんね

もう、漫画の中で、そこから想像の中で、凄い映画が始まった!みたいな

『20世紀少年』もまさに最初は兄貴が

「新しいの始まったぞ」って実家に帰省した時に見せてくれて

秘密基地からワクワク過ぎた!


浦沢直樹展 



これら、毎週毎週描き続けるってホント凄い


小学校の頃から既に漫画描いていて

その漫画も展示してあったけど

俺もね、何を隠そう、描いちゃったパターンなんだよね

まだ残ってるかなぁ

友達に見せては、「へへへ」ってなっていた
 
漫画家になろうとか、なる、とか、思っていなかったけどね
 
絵が好きだったからね
 
広告の裏の白い部分に描きまくっていた
 

浦沢直樹さんの場合は、カット割りとかが既に

小学校からしっかりしてて

驚かされる
 
あれ、子供心に面倒くさかったんだよね
 

中一の頃かなぁ
 
短編1冊描いて、それをコピーして冊子にして

売った記憶もある

 
小さい商売をしたなぁっていう


それ以降、漫画は描かなかったけど
 


重なるものがあった


ほろっと


全巻、もろもろ、読み直したい!!


そんな俺もまた

30を越えて、描くことを再開し


今も描いてる


山縣有斗 『春を待つ』 

『春を待つ』 2016年 アクリルガッシュ画


絵や色彩はずっと自分に

感動を滲ませてくれます


Facebookの『絵本とイラストと絵と』のページにて紹介しています


 
別窓 | 芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 役者ノートブック |