スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
イマジン・スクエアミュージカル『黒い兄弟』 初日開けて楽日、心地よい幕が降りますように
2014-03-27 Thu 02:06


三鷹市芸術文化センター 星のホールへ行って来ました。
以前ピチチ5の福原さん脚本・演出の舞台を観にって以来かも知れない
かなり久しぶりの三鷹市芸術文化センターでした。
こんな奇麗な劇場で出来るって素晴らしいね。
奈落もあるし!

初日開けて、本日が楽日になります。

昨年の夏に『最後の真珠』の脚本で携わったイマジンミュージカルの
イマジン・スクエアの公演

『黒い兄弟』 を観賞!

  黒い兄弟 チラシ表 黒い兄弟 チラシ裏

この作品は、ハウス食品提供のアニメ
『ロミオの青い空』の原作となる原題です。
アニメは色々と脚色されていたり、原作とは違う進行があるとの事で
今回は原作に沿った物語との事でした。

音響オペでは、今はイマジンでも活躍の隼人が参加!

  黒い兄弟 隼人

夏には稽古場にも何度か行かせて頂いたので
出演者の顔を何人か知っていると
気になってしまいますね。

夏を越えて、タップやダンスの振り
いろいろとそれぞれが、それぞれの成長をしているのを感じました。
ダンス発表などでも舞台に立つ機会が増えて
板の上に立つ事に、ためらいを感じさせない堂々たる姿でした。
当然、と言えば、当然ですが・・・
夏の現場は、まだ「どこを見ていいのかわからない」というような
不安な姿も何度か目にしましたので、、、ほっとしました。

特に26日19時の回の主役の子は、「ミュージカル大好きです!」
っていう、本気で好きなんだ、というエネルギーが滲み出ていて
その小さい身体から発する声は、とても通ったものになっていました。

そして、大人キャスト!
悪役的な存在や町の住民、黒い兄弟に対して適役として
しっかりとぎゅっと支えていたと思います。
歌だったりダンスだったり
あとはコミュニケーションですよね!
年下のキャストたちが全体のコミュニケーションが取れないところを
あちらこちらで、お互いを観て対応していたと思います。

終わったあと、何人かが「有斗さん!」と駆け寄ってきてくれたのは
何か嬉しかったなぁ。
数回しか会ってないけど、親しみを感じてしまう。
今後、さらなる成長を願いながら・・・

楽日が怪我もなく幕が降りることを祈っています。


写真を撮り忘れたなぁ~~




スポンサーサイト
別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
観劇増えた今月。。近々、特報しま~す!(大した事でないですが・・・) 
2014-03-21 Fri 00:26


観劇が今月はだだだっと続いて
月4本観るなんてめったにないです、実は。
ご案内頂いたり、評判を聞いて、行きたくても行けない舞台も
たくさんあります。
 

しかも、あとミュージカルが1本
ダンス公演が1本
観賞予定です
 

今月観たものは
 

すいませんげ劇場 『転がり続けるひとたち』

トラッシュマスターズ 『虚像の礎』

現代狂言Ⅷ 『狂言とコントが結婚したら・・・』

ケイファクトリー俳優教室の公演
 
 

を観賞させて頂きまして
本当に色々な形があるなぁと実感しています。
 

そりゃそうだろ、って
演出が違えば舞台は変わるし、脚本次第でもあるし
クオリティもあるし。
予算もあるし・・・
 

中でも、妙なドリフ感が新鮮だった
 

現代狂言Ⅷ 
狂言とコントが結婚したら・・・
 
  現代狂言Ⅷ

が印象深い。
ツイッターでも書いたけど
老若男女が笑って、ほっこりするシチュエーション
吉本新喜劇のような、ドリフのような
でも、古典芸能をおさえていて
平和、という感じを受け取りました。
 
  現代狂言の入口

野村万蔵さんの挨拶は印象に残りました。
確か・・・
 

古いものに新しいものを取入れてやるのもいいけど
新しいものの中に古いものを取入れて再発見すること
それが変化して行く事であり挑戦だと思います。

 

というような事を言っていたような
伝統芸能の能という舞台からの発想ではなく
コントからの発想だったように思います。
がっつり古典もやっていましたけど。
 
  能の舞台

一昨年、舞台裏で南原さんの舞台の取組みを見ながら
真摯に厳しい表情で作っていたのを思い出します。
柔軟だし、身体にも無駄がないっていうか
今回は野村万蔵さんは当然、立ち振る舞いは美しかった
しかし、南原さんも、美しくありました。
伝統をリスペクトしながら、現代狂言と銘打っているのだと思いました。
 


脚本家や演出家、企画・制作の方
今、という時代に色々な事を思い、表現しているんだなと
実感しています。
 

     ロラッシュマスターズの

特にトラッシュマスターズは、哲学的な思考を持って
世界を客観視しながら、右も左も真ん中もなくニヒルに知ってる顔
している世界を感じさせてくれました。
背筋がこちらも伸びてしまいます。
 


・・・3月の公演だったからかな。
 


大ホールでもない限り
1回の公演で、集客して伝える事ができる人数は、
演劇の舞台が一番少ないんじゃないだろうか
それでも、時間をかけ準備してやっていく労力。
映像と違って、最終形態として残るのは、瞼の裏。
瞬間、瞬間のLIVE交流。
音楽だってやっぱLIVEがいいじゃん。
でも、舞台は、LIVEしか基本的にないんだよね。
 

これから先
俺が出す音は、それほど平和じゃないかも知れない。
演劇や舞台は
社会を風刺したり
人間の尊厳を問う、投げかける、大きな力がある
かつてそうだった。
また、しばし、夢の国に連れていく、力もある
目の前で起きるダイナミックさにおいては、映像を越える
 

じわじわと芝居の力を
どうしてやっぱり再確認、発見してしまいました。
 
そして、ケイファクトリー俳優教室の公演で
なんと、照明スタッフが・・・

  ケイファクトリー俳優教室の

ATTENTION,PLEASE!で何度もお世話になっている
榊原さんだった~!
というご縁で
久しぶりの再会!
シアターKASSAIの小屋主さんでもありますが
最近、Facebookでアップもしてないので元気かなぁ~って思っていたところでした
不思議だよね。
シアターKASSAIでは知り合いの劇団ポップンマッシュルームチキン野郎が公演中だし

じわじわと芝居の力を
どうしてやっぱり再確認、また発見したくてたまらなくなる。
 

近々、特報!します。
 




別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
宇津井健さんのご冥福をお祈りします
2014-03-16 Sun 11:36

ご縁があったわけではないですが

東京に来て間もなく、舞台の招待券を頂き

シアタートラムだったか、記憶が曖昧ですが

宇津井健さんの『ひとり芝居』を観にいきました。



俺は、こんな著名な俳優さんが独りで舞台に立って

90分居続けて芝居をする事に衝撃を受けました。

俺もオノボリサンで殺気だっていたので、「宇津井健さんかかってこい!」

くらいの眼差しで観劇していたのを思い出します。


すると、そんな挑戦的な俺の目は、いつの間にか舞台に集中してしまい

すっかり宇津井健さんの演技のとりこになってしまいました・・・。

そう、まいりました。


映像で年輩で活躍の方で、独り芝居という危険(?)を犯す人

いる???

できる???

15年前くらいの話ですが、、、俺は東京で洗礼をくらいました。


そして、拍手の中、舞台袖に消えて行く瞬間

宇津井健さんは、腰から下で小さく力強くガッツポーヅをしていたのです!



あの姿は、今でも忘れません。

ご一緒したかったです、若輩者は本気でそう思っていました。

先輩、洗礼をありがとうございました!!









別窓 | 観た・読んだモノ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『Peace On Earth stage』と『DAYS JAPAN』の10周年記念イベントから、3年を振り返る(長文)
2014-03-10 Mon 17:54


3.11 あの日から3年

立ち上がれた人は、素晴らしい。
それはテレビを通じて教えてくれる。
でも、立ち上がれない人を、教えて欲しい。
それは、テレビを通してはあまり教えてくれないんだ。
 

俺たちが知りに行かないと
耳を傾けないと、情報は入ってこない。
 

俺にとって『知る事から始まる』3年目でした。
 

 


そして、昨日
Peace On Earth 日比谷公園特設ステージ
太陽光発電の特設ソーラーステージLIVE

 
   ソーラー発電 ライブ用

そこで響いた佐藤タイジ&SOLARSと加藤登紀子、SUGIZOの音楽

     LIVEたち

坂本龍一、後藤正文(アジカン)、三宅洋平((仮)ALBATRUS)
彼らのトークは聞けて良かった

 三宅洋平と後藤さん 坂本龍一

その夜は 
フォトジャーナリズム『DAYS JAPAN』の10周年記念イベント
への参加(読みはじめてまだ4ヶ月ですが知って良かった)。

     DAYS JAPAN たち 

NHKの七沢潔、子供たちの安心・安全を考えるいわきママの会の方、
文芸評論家のさいとう・みなこ、編集長の広河隆一の写真と言葉たち。

            DAYS JAPAN スクリーン

音と写真と、まさに耳と目から脳内をぐりぐりされました。
そんな3月9日は非常に濃い1日となった。
 

震災後、節目と言われる3回目の3月11日がめぐってくるにあたって
色々な番組や記事が急にマスコミで現れ
イベントもあちこちで起こる。
ずっと起こっていた企画や声があったけど
『忘れてはならない』という声は声高に言えても

 
『原発はいらない』
『脱被爆』
『子供を守れ!』
『避難者の保障してくれ!』
 

などの
放射能から来る、震災ではなく、人災からの影響において
或いは、企業災、その後の国策災、失敗、からの脱却や改善を
声高に全面的に言えるのは深夜かLIVEか
或いは、フリージャーナリストや個人的見解を述べるSNSからの発信になりがち。

 

『忘れる』事はないだろう
思い出し、今を問い、これからを考える
この単純構造が、素敵に実現できないままでいるような気がする。

 

風評被害、がなぜ起こるのか
安全と言われる基準値を震災前と震災後20倍にあげたから
基準をクリアしても不安にきまっているじゃないか。
その中で、とある保育園やスーパーでは基準値を変えて安心を生み出している

  

⇒低線量被爆を限りなく低くする=子供を守る


 

事なのだ。
それは、イコール(=)未来を守る
事に他ならない。
 

NPO法人いわき放射能市民測定室「たらちね」で計り被曝をさせないよう
母親たちが協力して頑張っている。

1キロ100ベクレルの基準を1キロ25ベクレルに設定しなおし
販売されるスーパーはその線量の透明性が売り上げに繋がっている。
風評被害が起こるのは、不透明だからだ。

基準値の高い線量の地産地消では、経済は守れても子供は守れない
子供の給食を基準値の高い線量の地産地消でアピールし
子供も食える食材だから、風評被害をやめろとは・・・
何と言う理論。

現地の抑圧では給食を食べさせたくないと言えない親御さんが多いらしく
言った母親は、まわりから責められる
そんな事が平気で起こっているのです。
自主避難の人たちの保障が立ち消える危険性も起きている。
仮設住宅の方たちの保障もまたしかり・・・。
弱者の年貢はいつだって比率が大きくしんどいよね。
(軍事費をこちらにまわしたら良くない?)


放射能を現在進行形で垂れ流し
冷やす為に注入された水が高濃度汚染された水へと変わり
それがどこへ流れていくかも不明な中で(当然、地中に流れ、やがて海に流れる)
原発技術の輸出のため、お金の為(これを人は経済の為という)
動かすぞ~と頑張る復興と言う名の汚染源者たちの言葉。


三宅洋平が言っていたが
都知事選も、舛添に選挙前から決着がついている選挙において
何を勝ち取るか・・・
それは脱原発という事を支持する人が
あるいはその必要がある事が都民に広がる事が大事だったと。
   

投票者が半分も行っていない投票だったが
投票者の過半数が原発に反対である事。
それを受け止めるべきである。
舛添支持層が、石原や猪瀬支持層が変化ないままの動かない票の中
原発を反対した半分の投票を無視するべきではない。
当然だと思うんだが・・・


 

冷凍食品にマラチオンが検出されたら回収するし
加湿器に発火の可能性があれば回収するし
その企業は詫びて、責任を追及もされる。
しかし、原発メーカーは耐震性に不備のあった原発に対して
その責任は問われず、技術を輸出しようとしている。
これは、あまりにも・・・変だよね。

  

3月11日からほころびてきた、からくりの糸。
結局まだごまかしごまかし
注意をそらし
進行している継続被曝。

  

秘密保護法、集団的自衛権、憲法改悪希望案
問題は山積だし
俺たちは山罪なんだ。

  

参議院選挙、都知事選に選挙と選挙率が低い中
それは、無関心が圧倒的である事を示したまま・・・
あるいは、知る事から逃げている事を示しているのか・・・
素敵な変化が起きない。
  

立ち上がれた人は、素晴らしい。
それはテレビを通じて教えてくれる。
でも、立ち上がれない人を、教えて欲しい。
それは、テレビを通しては教えてくれないんだ。
  

著名人、アーティストはもっと声を上げるべきだと思う。
これも三宅洋平が言っていたが
1票取るよりも、CD1枚売る事の方が難しいんだ。
それをアーティストは売る事が出来ている。
1票は無料だが、CDはお金払ってるんだぜ。
そのアーティストは既に立派な政治力を持っているんだよね。
その声は大きいよ。
特設ソーラーステージLIVEで、音楽のパワーを感じたし。
  

俺みたいな無名な作家・演出家・俳優がいくら隣に説いてもだ
たった1人に興味持ってもらうのに1年掛かったりするんだよ。
俺の言葉なんて、基本的に届きゃしねぇんだよ。
  

でもね、でも!!
著名なアーティストが、伝えてくれたらさ
そのファンの人は、耳を傾けるよね
  

そして、その耳を傾けた人がね、俺の知り合いだったらさ
俺との会話で出来てきた内容とアーティストの言葉と何かが一致した時に
その人にとって、重複した内容は重層的に知識となり
説得力を持つはずなんだ。
そして、「そうかも知れない」って思えるとおもう。
  


そんな総合的な力が必要なんだと思えてます。
それは、『忘れてないならない日』からの『今』と『これから』
の為に必要んだと思います。
忘れないだけでは、前を見ない。
今を見て、先を見ないとんだよね。
  

 日比谷公園にて 山縣有斗

 
2014年3月10日 山縣有斗

 

------------------★★

子供たちの保養の効果はチェリノブイリの子供たちへの取組みの成果で
示されています。
チェリノブイリでは、その効果を認め国が補助をしていますが
日本においてはまだ補助がありません。
福島の子供たち(外で遊ぶ自由が薄い)への保養の取組み為に、健康の為に。

     支援募集

現在、NPO法人 沖縄・球美の里 が支援を求めています。

募金額は減ってきているそうです。
必要な募金は本当に沢山ありますが、ここもお見知りおき下さい。

 宮崎駿さんが描いたしるし 宮崎駿さんが描いたシンボルマーク

------------------★★


別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
貝殻のおもひで、ぽろぽろ
2014-03-03 Mon 00:52


いよいよ3月に入りました。
あっちゅう間、だよね、ホント。
大人になると、早い時間の中で、何を体感して行けるんだろうか。

なんて詩的な言葉を吐いてみる。

子供の時間は、熱中した時間は早く、日常はゆったり、というか
不思議な時間だったなぁって思う。


   貝殻たち

先月、実家に帰省した際
姪っ子と甥っ子といて、そんな事を思いました。
兄貴の子供が3人いて

一番下の澪(みお)ちゃんは俺が東京に戻る時
新下関まで兄貴と見送りに来てくれました。

その際に、お手紙と貝殻をプレゼントしてくれたんだよ。
嬉しいかったなぁ

 ほうせんぐり

阿川の浜(ほうせんぐり)で散歩した時に、貝殻を探して歩いていて
そこで見つけた大きな貝殻たち。
兄貴の話では、大きな貝殻を拾って喜んでいて
名残おしかったが、思い切ってあげる!
って決意してくれたらしい。

    兄貴と澪 海



最初の写真がそれです。

 

大収穫を、思い切ってくれた気持ち。
そんなのが嬉しいよね。

海、思い出す、きっかけを手に入れました。
それは、大事に箱にしまいました。


そんな澪ちゃんは
俺の描いた絵本を声に出して読んだり
熱い!いいね。

 絵本を読む 澪

長女は、高校受験で勉強って事で
英語を教えてくれ~と言ってきたので
夜な夜な、英語のプリントで解説と指導。
ってか、俺も英語離れて長いので、説明があっていたか不安だなぁ
外国語学部の英語学科の成果は・・・あんまりないっていうね。



   英語づけ

アニメに夢中だが、英単語には夢中になれない
気持ちはわかるよ

そりゃそうだべよ。
勉強が面白いって内容じゃないからね
学校のせいにしちゃいけないが
教育のせい、内容のせい、授業のせい、って多いにあるんだよなぁ
詰めこみゃ正解のルール
要領良く頭使う経路を覚えたら高得点なルール
つまり、そのルールを覚えたらわりと出来る勉強・・・

でも、それが現実って
教えたくないんだよなぁ俺は・・・。
そんなんどうでもいいから、色々と世界を見ろ~って

世の中上、言い辛いから飲み込んだ
ちなみに受験、どうだったなぁ~~~
心配だ。


そして、真ん中の甥っ子は
今回はしっかりと遊べなかった。

初日に温泉に行ったんだけど
一緒に風呂に入りながら

「ねぇ、ねぇ、ねぇ、脚本書くのってどれくらいかかるん?」
って急に質問してきて驚いた。
お互い全裸でこの大人トーク!にいきなりビビッた。
「2~3ヶ月かな」
って答えたら、凄い驚いていた。
「それくらいで出来るの?」
ってさ。
基準がないから驚いたと思うんだけど
俺は個人的に時間がかかる方だと思っていたから
早い~って感じで思われる反応が逆に新鮮で
いい気分になれたよ。
それでも公演1ヶ月前を目指して書いてますが・・・


姪っ子と甥っ子たち
いろいろと思い出させてくれるモノがたくさんありました。
かつて、俺もそうだった、とか。
いっぱい話たいのに、シャイでちょっと話せない事とか。
離れる時の寂しさとか。

   


俺も、兄貴たちが福岡や大阪に出ていった時
違う空気まとって故郷に戻ってくるとき、すげぇワクワクしたしなぁ
そして、また兄貴たちが福岡や大阪に帰って行くとき
それはそれは寂しかったんだよなぁ実は。
三兄弟の末っ子だったから俺はさ。
最後まで実家に残る事に必然的になるわけで・・・



めったに帰郷しなかったけど
兄弟の再会も含め
家族の再会も含め
甥っ子や姪っ子の再会も含め
親戚や従兄弟との再会も含め

 

顔合わせるっちゃ大事じゃのぉ。

 

貝殻はいいお土産になったよ。
また再会するときは成長してんだろうなぁ~
当然俺もね。

 

モノは思い出すきっかけになるよね。

別窓 | 風のたより | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 役者ノートブック |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。