fc2ブログ
らくがけよう! 自分の壁に。
2014-10-30 Thu 10:14


       『 らくがき like BAKSY 』

   
山縣と LIKE バンクシー 



======================= この絵に寄せて
絵の中には
俺は救われる色彩を求めて
どこかいるんだけど
でもね
表現としてある以上・・・
我慢できなかったよ
俺にはBANKSYのように、壁に描くほどのパワーと
センスがねぇから
壁に描く、絵を描いたよ
形をまねることは出来る
だが、それは演技と一緒で中身が何も無い
大事なのは、そこに流れる衝動なんだよ、マジで
衝動があるから
俺は
描いちゃった。
BANKSYは
ガザのパレスチナの壁に
絵で砕いて、その中に空を描いた

    バンクシー ガザの壁
イギリスの壁に
消費社会、監視社会を訴える為
そのおかしさを壁に描いた
テロリストが持つ火炎瓶や爆弾を
花束に変えた

   バンクシー 1
すげぇ
絵ってすげぇだよ
そんな力があるんだよって
やっぱ思ったのよ
思わざるを得なかったよ
さぁ
この落書きを消す人は
誰?
平和を消す人は誰?
この大人は誰?
右翼?自衛隊?首相?
現政権を悪く言う人、みな左翼?
難しいものは分からない?
誰でもない
俺ら、日本人だよ
憲法第9条、曲げる?
消す?
スルーする?
集団的自衛権や秘密保護法、原発再稼動
止まらない放射能汚染と環境汚染
知らないという温泉に浸かる
俺ら。
右へならえの報道に、
情報薄く、右へならう事に慣れた
慣らされた
我ら。
何を偉そうに
こーんな
絵一枚に対して
言うことうるさい?
多い?
じゃ、俺は『かもめのジョナサン』として
はみ出したまま、追求するよ
絵一枚じゃ
何にも変わらんけどね。
ああ、山縣が
演劇も越えて、映像も越えて
絵でも言い始めたってことさ
俺は病んでる?
病んでるのは俺?
自民党?
ならえの人?
それとも、ひとくくりに
日本人?
世界?
次の世代に何を残す?
で、何を消す?
あの落ちたメガネは、誰のメガネ?
イマジン。。。
俺は青い?
届け。
2014/10/24
======================



全体図、俺込みでブログにも公開(俺は邪魔か!)

この絵の全体を観て驚いた、って声もありましたが

基本的は多くがスルーでしょう


でも、「あ」って

一瞬でも思った瞬間があったなら

きっと、いつか、「あ」って

思うときがあるかも知れない

今、あるのかも知れない

ないかも知れない

誰も知らない



絵に癒されることもあれば

ぎょっとさせられることもある

気がつかなかった想いを知ることもある


歌だって

歌詞の意味や背景を知ったとき

その曲が訴えるものが変わるように


様々なものにアートのハートは潜んでいる

それは、それぞれの衝動から生まれた

『衝動』

これがあれば、良き事も悪き事も

人は行動や形にし得る






別窓 | 芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
絵のWORKS 下手でええんじゃ!って思ってるよ。
2014-10-25 Sat 01:34



ずいぶんと寒くなりました

描く手も、

寒いなぁっと実感しています


ピエールも

すっかり、ほんわかさせるキャラになってきた

この1年


自分の絵に向かう探求も変化してきて

楽しみながら

表現を試みています


      ピエール 6~10月

  ※歴史を少し感じるね、ピエール

 




されど、山縣だから、こうだ!っていう

ほどの何かを全然確立した訳でもなく

勝手ながら

画風という面において

俺など全然たいした事など、ないでしょう



新しいもの、新しい表現、を追及した

絵描きではないからね


俺にとって、発見した新しさはその都度あるが

それは技術的に無知ゆえ起こる新しさなのだ

学校に行けば教えてくれたかも知れない技術や色について

発見しながら、実感しながら

ある種、行き当たりばったり

その発見に興奮している次第です



2年半前

絵が大好きな20代前半だった人と会ったとき

彼の絵の技術に驚きました

美術の学校に行っていたと思うんだけど

俺は、凄いなぁって思っていたけど

そんな彼は、悩んでいて

人に自分の絵を見せられたモンじゃないって思っていた

新しい表現

賞を取る絵

評価される芸術

そんな追求をしなければならないと

思っていたという・・・(それも驚きですが)



ある人の紹介でたまたま一度会っただけだが

俺が展示する

ピエールの絵を見て、彼は衝撃を受けていた(笑)



「あ、描きたいものを描いていいんだ」



と、思ったんだってさ

俺にとっては「ええ!そりゃそうだろ!」っていう衝撃

「描きたいものを描いちゃいけないって思ってたの?」

って、疑いたくなるような鈍痛のような驚きがありました。


★もしかしたら、こんなんでも発表していいんだ

っていう勇気を与えたのかも知れないが・・・
(この可能性の方が大です)


美術学校ってどうなってんだ!(一部だろうけど)

って思っちゃったくらい

鈍痛って言ったけど、それが時々、今も思い返されるくらい

描きたいもの描いてええに決まってるだろ~と。

一部の学校や教師は本当にバカだなぁって思える。



彼の絵は、素敵だった

ノートにびっしり描いていて

何冊も描いていて

俺にまったくない技術が詰まってて、素晴らしかった



そんな彼は、その後、個展を実現しました。。。

凄いね。


偏差値や点数稼ぎ

評価や顔色を伺うのは、結局、表現の邪魔なのだ

それは演劇や映画や小説や絵も

あらゆるアートはそうじゃないだろうか



俺が唯一、気にしてしまうのは

好きな人が、俺の作品をどう思うだろうか

っていう、かなーり小さい枠で

くよくよ

どきどき

するさ

俺が好きな人が

俺を好きな人が

作品が好きか嫌いか

それだけで世界が動いてしまうくらいさ


なんだ結局、人の顔色を伺っているじゃないか

となるかも知れないけどね


そりゃそうだ

周りなんて関係ねぇよ、と思うが

好きな人は関係あるよ、って事だよなぁ



みんなお母さんに褒めてもらいたいだろうし

お父さんに褒めてもらいたかっただろうし

それが叶わない人の自己顕示欲はどんどん膨らむさ


タレントの一部は、その手の骨頂さ

と思っても差し支えないんじゃないのかなぁ

いつまでも満たされない

どんなに人気があっても

落ちることを考えると、不安で・・・

そして、病んで芸能界を引退した人を俺は知っている

それを潜在意識化で抑えて

自己で気がついていない人もいるし




知った上で、超越しちゃったアーティストもいる


知ってる?



ジョン・レノンだって、ずっと苦しんでたんだぜ?

アーサー・ヤノフっていう人の原初療法、心理療法を試したくらいにね

 


好きな人

大事な人が

どう思うのか、究極、そこって超小さい世界だけど

デカイんだなぁ

子供の頃から

ほんとはそうだろ?



話が長くなったなぁ

ちきしょう!



そんなこんなで

描きたいものを、俺は描くさ


という事であるが。

独自のなんて、まだ見つからんさ。

でも、影響を受けたものは、そのまま受けて

取り込んで、都度変化していくよ



それで、今回描いた新作は

ちょっと観てほしい

目にして欲しいなぁって思っています。


ピエールじゃないよ




『らくがき Like BANKSY』というタイトルでさ



----------------------------★


『らくがき Like BANKSY』 


   
らくがき LIKE BANKSY 3分の1 






2014年10月23日 アクリルガッシュ画
注)全体の3分の1の切り取り画像です
 

----------------------------★



facebookのページ

『絵本とイラストと絵と』 というページでね

絵の全体の3分の1をまず発表しています。

自分の絵を画像ながら

切り貼りしています・・・。


これは、facebook上の検索で

『絵本とイラストと絵と』 って調べたら出てくるから

ぜひ、覗いて下さい。


全体図は、また近日公開します

『絵本とイラストと絵と』のページの中でのみ。

になるかと思います。



こんなに引っ張っておいて

全然、たいした絵じゃねぇじゃねぇかって

思われそうですが


へへへ、気にしないぜ。



別窓 | 芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジュリアスシーザー ブルータスお前もか!?
2014-10-16 Thu 11:29



『ジュリアスシーザー』 蜷川幸雄演出のシェイクスピア

彩の国さいたま芸術劇場で観賞した

世界のNINAGAWAを初生観賞でした。


ジュリアスシーザー

とても観やすいシェイクスピア
こんなに視点がしっかりと誘導されるのは
逆にシンプルで驚きます

事前に、本も読んで挑みました

以前、世界の鈴木忠演出の『どん底』『リア王』を
国立劇場で観賞したことがありますが
(どん底はゴーリキーです・・・)

これは完全なるSUZUKIメソッドの枠の中で
俳優がぎゅんぎゅんになりながら
それでも雄たけびをあげているような
そして、斬新な籠や車や
日本語、韓国語、ロシア語が入り混じる
不思議な感覚を覚えています

一種独特のモノ







      
ジュリアス セット





されど、この『ジュリアスシーザー』は
作品そのものも分かりやすいのかも知れないし
空白が多いからかも知れないが
とても、観やすかった

ジュリアス・シーザー(横田栄司)
キャシアス(吉田鋼太郎)
ブルータス(阿部 寛)
アントニー(藤原竜也)
ブルータス(阿部 寛)

この組み合わせも非常に面白かった
慎重差や体格差、引き立てあっている構図

アンサンブルで何役もされる俳優たちも
とても、集中力高く
全体の空間がしっかりと、グワン!って生まれて
圧倒されるシーンもありました。


そして
シェイクスピアの台詞は、日本語にするとあんなに
力んだような言葉になるのかなぁ・・・と
それはやはり実はネックな箇所です

一番リラックスされて演技を感じたのが
ジュリアス・シーザー(横田栄司)でした。

たとえ、力が入ろうと
感情はぐぐっと流れ出す演技に、阿部寛さんや
藤原竜也さんのエネルギーを感じ
興奮しました


また、違うシェイクスピアを見てみたい
そう思いました。
これは第29弾らしいので、さらに続くのかなぁ
楽しみです。


観終わったあと
舞台、いいなぁって、感じさせてくれました。
嬉しいなぁ、熱くなる。



なんだ偉そうに、って言われそうだけども
個人的な感想だからいいんです。

しかし、出演者が著名でええ男だと
お客様が、ほとんど若い女性になってくるっていう
舞台を支えるお客様は

女性強し!!

ですね。

実感します。
別窓 | 芸術 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
『ヴァロットン展』 例えるなら、溜息の画家
2014-09-16 Tue 00:20

行って来ました

『ヴァロットン展』

今月23日で終了なので、駆け込み!


    
ヴァロットン展と 山縣有斗 
   

どういう画家なのか全然知らなかったですが
その絵は、ちょっとだけ観た事があって
気になっていました

TOKYOでは、こうやって
いろんな企画展をあちこちで観ることができて
そういう意味では本当に素晴らしい

木版画も数多く手がけていて
そのシンプルさ加減
黒と白のコントラスト使った絶妙な空虚感と空間
男と女の微妙な距離感
そして、日本の浮世絵の影響
装飾物のこだわり

素晴らしかった

バルテュスの版画とは、線が全然違うので
最近立て続けに版画の面白さを見た気がする
(たった2人の画家の話ですが・・・)

最初は、とてもアカデミックに
写実的描いていた画家が
どんどんシンプルに描く事
線を使う事
変化していく様子は

    
ヴァロットン ボール

印象派、ポスト印象派という流れの中で
独自に、ナビ派の影響を受けながら
自身で模索していった様子を垣間見る

平面的でもあり
俯瞰的でもある


冷たい炎の画家。

とキャッチフレーズがあるように
奥さんとその前夫の息子たち
義理の母との関係において
かなりの孤独と恐怖と不安と
抱えていた様子

女に対しての、冷めた怒りとか
諦めにも似た溜息

これ、今書いて言い当ててるような気がする

諦めにも似た溜息

そう、そうなんだよね

諦めにも似た溜息

が、奥さんの背中を描きながら
遠い距離を置いて描いている感じ

そんなモノを絵から感じたりもする


劣等感もかな。

        ヴァロットン 版画

画家、それは人、である事を十分に知らしめる
作品群だった。
自身を大いに反映させることのできる画家だった
そんなふうにも思いました。



そうそう、ゴーギャンの唯一のリトグラフがあったよ
感動。。。
しかも、裸婦の後ろに悪魔がいる
タヒチでの、定番の構図だった

常に、死や罪と向き合うタイミングが狙われている(悪魔に)
そんな風に思うのです。

我々はどこからきたのか
我々は何者か
我々はどこへいくのか


ヴァロットンはもっともっと個人的な刻まれた視点から
描かれたものが多いが
ちょっとカフカを思わせる暗さが
俺は好きでした。

図録を毎回買って、半日くらい没頭するのがすきなんだけど
ちょっと時間見つけて早く没頭したい。




別窓 | 芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『EMPITRE』 観賞! ありえないほど近い、サーカス!
2014-09-14 Sun 10:47


先日、『EMPITRE』を見てきました

        
エンパイア 1 

明日まで、ですね
ありえないほど近い
サーカスエンターテインメント!

近い距離
小さい円形のステージ
たぶん、半径2メートルくらいの円形じゃないかな
そして、近い距離
さらには、下ネタ満載!


楽しい時間でした。

考えてみると
サーカスって、俺観たことなかったなぁって
もちろん映像では見てるけど

これこそLIVEでしょう!
って当たり前だけど、当たり前にそこに感動がある

      
エンパイア 2

あと
アメリカンジョーク的にたどたどしい日本語で
わざとらしほど・・・
やり取りする、道化師のようなピエロのようなキャラが
2人いるんですけど
この掛け合いがまた、とってもアメリカーな
陽気さが漂っていて
下ネタも、馬鹿笑いできるっていう

どれくらい下ネタかと言うとね


バナナをたくさん使う


って言えば、きっと大人たちは分かってくれるでしょう~~

そして、この陽気な外国人たちの中に
日本人もひとり混じっていて
何か、そういう意味でも
また、ちょっと嬉しい感じがある
その方は吉川泰昭さん

      
エンパイア 日本人 

開始前も客に絡んでくるんですけど
妙な空気を出して
人の顔にオケツを押し付けてくる感じです
幸いは俺は助かりました

やはり、どんなエンターテインメントだろうと
男のオケツはごめんだぜ


        
エンパイア 3

トップバッターの美女
これがね
これが、美女でね
しかも、すげぇスタイルなわけで
しかも、ぴっちぴちのアメリカンな衣装のレオタードなわけ
しかも、軟体でね
もうね、すげぇ

      
 

色んな意味のおいて、『美』でした。

他の方も凄いんですけど
力技もあるし、でも柔軟さもあるし

足でね、人を転がす、回転させるのとか
これもまた、感動だった

おお~!
わぁお!

しか言葉が出てこない
ほんとそれでいいんだと思うんだけど

文章書いている今もって
それしか言いようがないっていう

バレエで何回転もするやつあるじゃない?
あれを一人の人が寝て足だけあげて、その足の上をさ
人が回転するわけだよ


最後は、バランスのやつ
これは、テレビで正月観たんだけど
目の前で見ると、その緊張の空気がぐぐっと締まってて
空間そのものがピーンっとする

      
エンパイア 羽 

いいよね
お客さんと一体型で、円形の舞台だからこそ
包み込む空気感があった

天晴れでした。


          
エンパイア 5 

いやぁ
面白いね

アスリートだよね
ほんと、アスリート!


人の身体というのは、それぞれ秘めている力が
きっと全然違うんだろうなぁ
骨からくる体格や
成長から変わる柔軟さ、骨格
伸びていく腱

そういったものが、たまたま
偶然的に
且つ必然的に
その人と一致して
そして、たまたま企画能力のある方と
偶然的に
且つ必然的に
仕掛けたいものが一致して
そして、合わさった偶然的必然的集合体が
こうやってステージを作るわけで

もちろん、それぞれの努力が総合的に
いい働きを起こし
素敵な可能性が大きくなる


       
エンパイア と 山縣有斗

神のいたずらよ、万歳
別窓 | 芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | AritoArt3 (旧役者ノートブック) | NEXT