FC2ブログ
このFC2ブログ、幕を下ろします。皆さま、12年間ありがとうございました。移転します。
2019-07-07 Sun 18:43
2006年5月~2018年7月まで

更新し続けた、こちらのFC2ブログ

「役者ノートブック」(12年間分の想い出

新しいブログを立ち上げましたので
およそ12年間の旅を経て
1年の更新せずに(ゆるい)
移転する事になりました。


このブログを始めたきっかけは
友人のススメでした。
そのススメで始めたブログですが
よくまぁ、ここまで続くもんだと驚いてます。
このブログ以前は、劇団のHPの管理者がいて、
その人に手書きの内容を渡してブログ書いてもらってた時期もあったなぁ。

このブログには20代からの
生きて来た記録が
残っている
そんな風に思います。
全力で駆け抜けた、20代からの想い出が・・・。

若い、山縣有斗 20代半ばか、山縣有斗

    血をHOW鳥 山縣有斗

ネットの中で、彷徨い続けるのかなぁ。
どうなんだろう。

未来から来た息子 山縣有斗 チアガールになったあの頃 山縣有斗 

愛の 山縣有斗   


おっと、あまり感傷に浸っている場合ではないですね・・・。
多くの出会いがあって
多くの別れがあって
また、多くの出会いがあって
小さな別れがあって
また、大きな出会いがあって
今に至っています。
過去があったことを、記したくなるのです。

さぁそして
新しいブログは

山縣有斗の公式HPArito Art Sight

 HP用トップ画像、Arito Art Sight

この中にブログが入っております。

しかし、このHP、Twitterにはなぜかスパムと認識されて
リンクしてツイートが出来ない現象が起きてます(笑)
誤解を解くメールをTwitterに問い合わせたら
いちいち細かく見てられない、という返答がかえってきた(笑)
おそるべしTwitterですね。

なので、皆さまの方で、是非「お気に入り」登録をして頂き
時々覗いてもらえたらと思います。

長い文章を書く事がネット上で少なくなってきました
短く、画像がモノを語り、語りは補足。
誤解が誤解を生み、善悪を簡単に分けてしまいやすく感じられます。
魅力や拡散性を重宝しながらも
「怖さ」も体感しています。

なので、ブログは出来るだけ
文章を立てながら
作家としても、ちゃんと書いていこうと思っています。
そして、読み返したい。

実は「役者ノートブック」は
日記を書いても読み返すことなく、誤字は誤字のまま
脱字は脱字のまま、非常に無責任を謳歌していましたので
Arito Art Sight では気持ちを入れ替えたいと思っています

そして
「役者のノートブック」という名の通り
基本的に俳優と演出家、脚本家の日常を書いていました。

しかし
多くの方がご存知の通り
役者というフィールドを越えて
現在は、アート全般の世界を広く見ています。

なので、例えるなら
「役者のノートブック」という服が小さくなったのです。
小さくなって着れなくなったのです。

山縣有斗、Arito Yamagataの過去を知る手がかりとなる為
何か事件が起きた場合にお役に立てれるよう
こちらは消滅させずに
ネットに泳がせておきますので
なつかしさを求めて、また遊びに来たいと思っています。

今後とも皆さま
よろしくお願い致します。


   蝶ヶ岳からの朝日 山縣有斗  


2019年7月7日
山縣有斗(Arito Yamagata)




スポンサーサイト
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「にじみ」 詩と挿絵
2018-07-15 Sun 08:31
先日

朗読家:てんトコラさん、唐ひづるさん、秀ほのかさんに

読んでもらいました

3人構成で

あらたな「にじみ」を声で魅せてもらって

リハーサルの段階から

とても、「人」の「声」の「可能性」や「結びつき」を

とても感じました


声に出されるを前提に、書いたような気がしています

にじみ 詩 山縣有斗 


※クリックして拡大して読んでみて下さい

・挿絵 山縣有斗




別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「たぐる夏ミニイベント」ご来場ありがとうございました
2018-07-13 Fri 00:45
Facebookの「非営利団体 ここなみ舎」のページと
同じ内容ですが
こちらのブログでもご報告します

楽しいセッションの時間でした(*_*)


7月10日(火)「たぐる夏ミニイベント」@ぽれやぁれ

無事に終演致しました

満員御礼!
ご来場、ありがとうございました

たぐる夏 メンバー   

今回は、朗読家のてんトコラ、唐ひづる、秀ほのか
シンガーソングライターの村男
俳優・総合演出 山縣有斗

という形態で、新たなミクスチャーしたイベントを提示させて頂きました
ぽれやぁれという高円寺のカフェにて
極近の近さでのお客様との距離感で

杉並公会堂小ホールより全然緊張が心体に起きましたよ(笑)
まだまだ俳優トレーニングが必要ですね・・・ずっと。

たぐる夏5   

「平和祈念」を根底に
それぞれが挑戦してみたいことも合わせて
朗読する作品群(谷川俊太郎、竹内浩三、宮沢賢治、黒島伝治)
国会答弁、失言・・・
村男オリジナル楽曲
山縣自作の詩
そして、ノーベル平和賞受賞スピーチ(サーロー節子)
たぐる夏 てんトコラ  
     たぐる夏 唐ひづる    
  たぐる夏 秀ほのか

濃い内容のものを
ストレートにお伝えしました
ちょっと箸休めをしつつ、ですが
やはり、お客様との対面した距離感
お客様にも、大きなエネルギーが向かうため
ぐぐぐっと疲れて果ててしまった部分もあるかも知れません
たぐる夏 山縣有斗 村男2   

8月15日・・・今年も近づいております

杉並区に被爆者の方が現在約350人お住まいです
彼らが残した手記、次世代に伝えたい事、平和への願い
それらの想いや形を触れる機会を
そう思い、この「ここなみ舎」は始まっています

たぐる夏 山縣有斗 1      

その気持ちから集まって、たくさんのアーティストたちが
何かあったら一緒にやりましょうと気持ちを共有して下さっています

今回はその中でも、規模も踏まえ
ここなみ舎としてベースで活動しているメンバーでお届けしました
この5人で一緒にステージに立つのも初めてでした
面白い出会いが交差し
ここに集まったのです

決して内容としては気持ちいいものばかりではありません
緊張を強いることも、ほっと力を抜くものも、怒りを感じることも
あったかも知れません
「もう分かっているよ、お腹いっぱい」という気持ちもあるかと思います
普段からとても気にされている方にはきっと
お腹いっぱい過ぎるかも知れません
色々考えていらっしゃる方には多すぎたかも知れません
新しい発見があったかも知れません
新鮮に感じられた方もいるかも知れません
アート表現として、楽しまれた方もいるかも知れません

受け手はもちろん自由です

どんな形であれ
一瞬繋ぎ合う時間があったことに感謝致します

たぐる夏2 山縣有斗 村男    

お客様とも終演後、自己紹介をそれぞれして
感想など伺いつつ、新鮮な声、厳しい声、感動の声
千差万別、十人十色、伺いました
面白いですね
すべて、受け容れ、感じさせて頂いております
貴重なご感想、ありがとうございました

そして、様々なお客様が集まりました!

たぐる夏1 山縣有斗 

一般の方から
ピアニスト、映画プロデューサー、ライター、映像作家、シンガーソングライター
デザイナー、杉並区議会議員、彫刻家・・・・
 たぐる夏 山縣有斗 谷川賢作
     ピアニスト:谷川賢作さんと

たぐる夏3 山縣有斗 関口健太郎     先日当選した杉並区議会議員の関口健太郎さん

   たぐる夏4    ライター兼映像作家の阿部信行さん

ここに集まったエネルギーで
素敵な灯りが灯ったように思います


次回は9月に「ここなみ舎」は、長野県佐久市にて
イベントに参加予定です
初めて、東京を離れます


今後とも、皆さまよろしくお願致します




ここなみ舎


別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今更ながら、詩をひとつ
2018-07-02 Mon 23:32
以前にも書いたけど

をここ数年、ちまちま書きためていて

このは4年くらい前かな

書いた

本舗初公開的に・・・クリックしてみて下さい

シンプルですよ、いたって(笑)


詩 もと 山縣有斗 
※桂歌丸さんのご冥福をお祈りします・・・


 
モノローグこそ、最近はやっているけど

を口にするというより

もう、ではなく、怒涛の独白なので

このような右脳がちょっと入った詩とはまた違う


7月10日、高円寺ぽれやぁれにて

自作の詩を少し使用予定です

詩、です

と言って、送り出すのは初めてじゃないかなぁ

こうご期待


別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
バタ・アート・エクシビション 宣伝素材撮影
2018-06-28 Thu 10:29
バタ・アート・エクシビション】2018夏!
BATA ART EXHIBITION】2018SUMMER!

      バタアート 山縣   

  COMING SOON!

どーんと駅構内でも貼りだされるようですが
その素材撮影を、夏日の某日
阿佐ヶ谷の釣り堀にて
撮影がありました

この春一番夏い日、とでもいいましょうか

とにかく暑かった
氷の彫刻をデモンストレーションしたんですが
氷の溶けていくスピードと
彫刻との勝負

   バタアート 山縣3  

翼、を山縣がデザイン画をして
彫刻家の宮地さんが、粘土で造形模型を作って頂き
ガラス造形・タイルモザイク作家の河原さん
インスタレーション作家の小原さんと
その模型をもとに4人で
理想の翼を目指し切磋琢磨するという
1時間弱の勝負でありました

     バタアート 山縣4  

氷は削りやすいので
気持がいい
力がいる箇所もあるけど
ちょっとずつ彫っていく分には

ピーラーでキュウリの皮を削ぎ取る感覚です

    バタアート 山縣5    

そして、キュウリよりもみずみずしく
そして、キュウリよりも涼しいく
そして、きゅうりよりも夏なんです


7月28日(土) 15:00~16:00
8月4日(土)15:00~16:00

阿佐ヶ谷の釣り堀 寿々木園にて
お待ちしております!

バタアート 山縣2  

またこの大都会東京の下町の阿佐ヶ谷のど真ん中に
釣り堀があるって知ってました???
寿々木園、これまた夏にふさわしい空間でした


こうご期待!

別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| AritoArt3 (旧役者ノートブック) | NEXT