スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
北アルプスの蝶ヶ岳からの観た世界
2017-09-06 Wed 11:30
北アルプス
蝶ヶ岳の頂上から
日の出を観た

夜明け 蝶ヶ岳 

日の入り 蝶ヶ岳 

午前5時半
あまりに美しく、寒さの中に佇む
朝日を浴びる
そんな自分の背中には
穂高連峰が朝日を浴びる

穂高連峰のモルゲンロート 

息を飲む

こんなにも
オレンジな岩肌
俺たちよりもずっと以前からある岩肌

クロッキーノートを持ち歩いて登山したが
ノートよりもまずハートでした
手先よりもまずハートでした

世界はずっと
魅力的なのに

忘れるときがある

何度もハートを揺さぶっていこう

その核の一部に
アートは潜んでる

美しさよ
それを見つめる美は
共有した相手の中にも見つける事ができる

蝶槍の頂 


※ ※ ※

蝶ヶ岳ヒュッテで泊まり
午前3時に見上げた夜空の星は、あまりに近く
満月2日前の月は、あまりに大きく
この目に入って来た

蝶ヶ岳の月 

気温は4度だったか
寒くて、空も近くて、そして午前3時は独りで外に出たので
何だか吸い込まれそうな怖さがあった
美しい
あまりにも、でも怖かった
畏怖とは、この事なのかも知れない

穂高連峰と月 

そして、夜9時頃に観た月から朝3時頃に観た月の位置から

地球が回っているのをはっきると体感する


朝の蝶ヶ岳からみた穂高連峰 

朝のリレー/谷川俊太郎

カムチャッカの若者がキリンの夢を見ているとき・・・(省略)


確実にリレーしているのを感じる

そして、今や朝が一番好きになっている


※ ※ ※

朝5時の大正池

ここに朝がやってきた時

コンロで火を点けて
一杯の淹れたての珈琲を飲む贅沢さよ

大正池と焼ヶ岳 

大正池と珈琲 

インスピレーションがふわふわと
右脳から出てくるのを感じる


上高地から入って
自然の中を存分に楽しんで険しい世界へいきましたが
ここはのんびり散策も楽しい

上高地と山縣有斗 


文脈も時系列も関係なく

ただただ記録しました


俳優や脚本家や演出家や絵描き

どんな媒体を抽出して表現しても

真実を探求する旅は変わらない

それは変わらない

何度でも色んな事を感じよう

決めた事でも何度でも消しゴムで消す事を惜しまないでいよう

何本でもえんぴつを削っていこう

蝶ヶ岳山頂 

体験していこう


2017/9/6

山縣有斗



スポンサーサイト
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BATA ART EXHIBITION 四人展『星々のカレイドスコープ』終幕
2017-08-10 Thu 16:33
BATA ART EXHIBITION 無事に終わりました
そして
四人展『星々のカレイドスコープ』も同時に終了となりました

おかげさまで
沢山の片のご来場がございました
みなさま、本当にありがとうございました

だるま 宮地さん   
 ※ 宮地淑江さんの作品「こだるま」

色々なアートが
オリンピックを前に
和をテーマにした作品で
BATA ART EXHIBITIONの中で輝いていたと思います 

   四人展のメンバー  
 
こちらは我々の四人展『星々のカレイドスコープ』のアーティストたち
子供たちは近所に住んでて、元気に毎日駆け付けてきた姉弟たち!
万華鏡も熱心に作っていきました
✳すべて許可を得て写真使用しております
 
 釣り堀 金魚
こちらは阿佐ヶ谷の釣り堀!
こんな風に金魚が泳いでましたよ
とっても涼し気
阿佐谷駅から徒歩3分にこんな釣り堀があったことに
今回初めて気が付きました
ここから四人展にお客様も流れてきたりと
繋がり感がありました

 ギャラリー煌翔 宇田川幸香
こちらはギャラリー煌翔の
宇田川幸香さんの生け花!
鈴虫の音を流しながら、とてもスピリチュアルな空間が
拡がっていました
 
竹と紙の星のドーム 
※Light&Shodo

ギャラリー田村 
※ギャラリー田村
他にもあちらこちらと
七夕を彩りました
  
四人展風景 

灯りがまた夏の風流さを演出しました
 

こちらの布は寒冷紗と言って
畑の上などに使用する布です
これに山縣は3作品描きました

四人展風景2 
 
寒冷紗 ネコ 有斗 
 
どれか分かるかな??
 
 
ここでは
新しい出会いもあり
活躍の場所は、ご縁で
また見えてきそうです
このような機会を頂けたのは
ただ、ただ、ご縁なのです
 
 
お祭りもあったので
一気にたくさんの人が流れてきたり
アートさんぽでも巡回に来てくれたり
楽しい時間でした
アートさんぽは、アートサポーターがお客様をツアーしてまわる企画
なかなかいい企画ですよね
 
8日間、かつてないほどの人が
山縣作品も観て行きました

山縣作品 天の川 
 
長時間観ていかれる方も、
リピーターで何度か来られる方も
にわとり飼っていた事を、ピエール観ながら懐かしそうに語るおばあちゃんも、
画家になりたいと俺に叫んだ子供も、
欲しいと言って未だに購入を検討されてる方も、
再会のついでに鑑賞された方も、
なぜか泣きそうになる方も、
万華鏡を覗きながら作品に息吹を与えてくれる方も、
やかたら感心していかれる方も、
ちょっと観てスルーして行かれる方も(笑)、
やはり、こうやって観て行かれるお客様があってこそのもの
そうやって、支えられていることを、しっかりと改めて感じました
 
そして
山縣作品や山縣との再会に駆け付けてくれる人があって
こっちもほっとして
そのおかげで、とても暖かい気持ちをいつももらいます 
  
すべてのお客様に
ありがとうございました
 
そして
杉並区文化交流課のみなさま
特定非営利活動法人TFFのみなさま
 
こころより、ありがとうございました

なみすけ と 山縣有斗  
 
 
山縣有斗
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BATA ART EXHIBITIONの展示と、『やわらかいひかりのアトリエ展』のご案内
2017-07-31 Mon 01:17
【BATA ART EXHIBITIONの展示と、『やわらかいひかりのアトリエ展』のご案内】

   すぎなみアート散歩  

この度、8月はふたつの展示がございます

ご縁が繋がり

素敵な機会に巡り合いました

阿佐ヶ谷という好きな街で

作品の展示ができることを嬉しく思います
 
感謝しかありません

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

『BATA ART EXHIBITION』
  
     BATA ART EXIVITIONの案内    

●会期:2017年8月1日~8月8日

●概要 03(マップ上)秘密のお店
JR阿佐ケ谷駅南側エリアの9箇所を舞台に、
「和」をモチーフにした様々なジャンルの作家による色とりどりの作品が展示されます。
同時期に開催される阿佐谷七夕まつりと合わせてお楽しみください。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


阿佐ヶ谷七夕祭り(8/4~8)のお祭りと同時開催
阿佐ヶ谷のアートの祭典
子供たちから大人まで、ちょっとしたワークショップで思い出を作りつつ
アートに触れながら
阿佐ヶ谷の夏を堪能頂けたら幸いです

★あちこちの会場で色々な展示やワークショップありますが
山縣は会場 3)秘密のお店 にて待っています
七夕四人展「星々のカレイドスコープ」と題してましてお届けします
宮地浪江さんの可愛いだるま作品群
インスタレーションアーティストの小原一洋さんによる作品
すぎなみKARUTAプロジェクトの大きな短冊
そして、山縣は絵画作品を数点展示します

また、寒冷紗という大きな布で短冊を展示していますが(すぎなみKARUTAプロジェクト)
3点ほど、山縣も自作の短冊で参加します

ワークショップは簡単な万華鏡創作をします
そこから観るアート作品はまた違った世界の入り口になるでしょう
そのカレイドスコープから寒冷紗や他の作品を覗いてみて下さい


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

『やわらかいひかりのアトリエ展』
 
   やわらかいひかりのアトリエ展  

 協働プラザ
 住所 〒166-0004 杉並区阿佐ヶ谷南1-47-17阿佐ヶ谷地域区民センター4階
 ℡ 03-3314-7260
 ※注意 休館日 日曜・火曜・第3水曜(祝日土曜開所)

★開催期間(時間)8/1~31(10~18時)
 ・料金 入場無料

★概要
アクリルガッシュで描いたやわらかい水彩画を中心に展示。
脚本家や演出家・俳優としても活動する山縣有斗が描くやさしいひかりの世界。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


『BATA ART EXHIBITION』の
七夕四人展「星々のカレイドスコープ」(8/1~8)と合わせて
たっぷりと、山縣ワールドになりますが
お楽しみ頂けたらと思います

こちらは、阿佐ヶ谷地域区民センターの4階の
ちょっとした交流広場となっているスペースをお借りしています 
誰でもふらっと入って見れますので
ふらっと、お立ち寄りくださいませ(^^♪ 
 
七夕四人展「星々のカレイドスコープ」(8/1~8)で展示した作品も
8/9~、こちらの協働プラザで作品追加して展示致します

そして東京初展示!となる
花たちと鳥たちと展で出展した、「カサブランカの習作」「ケツァール」
が協働プラザに置きます

個展で展示した作品や、かえる展で出展した作品を含め
小さい作品群ではありますが
個展を見逃した方々も是非お立ち寄りくださいませ
 

【販売について】
会期期間中、直接販売はしていませんが
ご希望の作品があれば、メッセージを頂けたら販売致します
お渡しは展示終了後になります

別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
七夕 あらゆる再会を祈るばかりです
2017-07-06 Thu 23:40
九州での歴史的豪雨で
辛いニュースが目に入ります
お亡くなりになった方のご冥福をお祈り致します
さらに、行方不明者の方
そして、まだ連絡が取れていない方々もいらっしゃいますが
ご無事を祈るばかりです
避難所で頼りない時間を過ごしている皆さま
被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます

七夕、など

もはや、何の意味があるの

なんて思えてくるかも知れません


それでも

あらゆる

あらゆる

あらゆる

皆さまの

再会とご無事をお祈りします

     天の川 再会

そんな七夕になりますように



------ ------  ---
   ----
  --- ---   ★ -----
---- ------- -- -------  -
----- ----    --------- -----
     ------ ----  -----
    ----  ------- ☆ -----

『天の川 再会』
アクリルガッシュ画
SMサイズ

----------------








PS このような自然災害は日本のどこにでも起こり得る事
孤立した村々、避難経路が遮断された時
確保されていない事、足の悪さ、色々踏まえ
どんな対策が必要なのか、行政から考えて欲しいものです
去年の地震後の地盤が不安定な中、熊本の災害もさらに心配です
福島原発でこの集中豪雨があった場合
どれほどの汚染水が・・・と考えるだけで怖いです、俺は
今日生き延びても、課題が山積みです
熊本もそうですが、伊方原発なんてのも避難経路が確保されていません
立ち止まり
どうか
自然と共存する事から
議論を再開して欲しいと願うばかりです
別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やねうらのかえる園 無事に閉園しました
2017-06-27 Tue 20:45

『かえる展』初参加して

1ヵ月間にも及び

毎週土日に開催されましたが

無事に終了しました
 
   山縣有斗 かえる 

場所が屋根裏ギャラリーめばちこ、なので

やねうらのかえる園、と呼ばれています

かえる園 全体2 

そもそも 

みじんこ洞の屋根裏ギャラリーで

というか中央線沿線で

こんな かえるイベント が催されていたなんて

中央線沿線に長らくいるけど

知らなかった・・・のです、実は

杉並区全般でさ、ちょっと宣伝なり アートな街だから

もりもりっと知名度を駅周辺から広げていけばいいのになぁって

想わずにはいられない

 かえる園 全体3

だってね、凄いよ

かえる、を 模型やアクセサリーやポーチ、はたまた衣類まで

あらゆる表現の形になっているバリエーションに俺は驚愕!

で、お客様もコアな方もやはりいて熱いし

コアでなくても

自分の好みの品を探して楽しんでいるし

日本中からファンが集まってくるんだよ、すごくない??

 
かえるたち 

今回、お誘いいただけて

何の予備知識もなく飛び込み

準備を構想から数か月していました
 
グッズがあるといいですよ

という事で、栞とポストカードを準備しようとしていましたが

間に合わないものと、立ち止まったアイデアもあり

今回は、販売というよりも

展示に山縣作品は集中することになりました(結果的なんですが・・・)

記念にポストカードでもあったら良かったのに、とか

一冊の本になっていれば、なんて声も頂きまして

ポストカードの形で紙芝居的に

今後、ネット販売を個人的に考えております

かえる園 展示1  

そう、どんなものを用意しようかと

数か月、頭を悩ませ

かえるのデッサンから始め

日々描きながら、なんでカエル描いてんだろう、俺

と思いながら・・・(笑)

デッサンをしていくと愛着が沸きだすっていう

かえるデッサン  
 
そして

かえるの形を越えて、崩して、崩し過ぎずに

ちょっとフォルムを変えて、と試行錯誤をしました

モチーフを アカメアマガエルに定め

目を外に出さずに中に入れて、頭をハート(気が付いたかなぁ)にして、

キャラクターを作ってみました

花とフォギー    

そこから最初はロックなカエルにしたくて

ギターを弾いてもらったんですが

    ロックフォギー    

バイオリンなどを弾いてもらうとまた、絵的に好きなってきて


       ケリーのバイオリン     

そうすると想像力が動き出した

この過程が、楽しいんだわ


かえる園 展示2   

山縣作品なら・・・

ドラマもありきだよなぁ・・・

とドラマが想像で動いだしたので

絵本、紙芝居形式で、何枚かの絵で物語を語るのもいいなぁって

構想して、構図決めて、10枚の絵で、物語が完成ました

  

それが『フォギー&ケリー』

トムとジェリー じゃないよ

そんなロミオとジュリエットを描いたわけです

     涙のフルート    

物語る事もまた自分の特色のひとつとして

アートに詰め込む事ができて良かったです



最終日しか在廊できなかったのですが

お会いしたアーティストさんたちも気さくな方々で素敵なかえるの先輩でした

作家さんって言い方をしますけど

アーティストです

普段はかえるじゃないくて妖怪をやっています、とか、マジで驚いた



新しい世界に踏み入れました

そして、新しい出会いに感謝します

今年の個展からお世話になっています、みじんこ洞さまと

アーティストの皆さま

お世話になりました

作家集合 かえる園  

ご来場のお客様、皆さま、またよろしくお願いします

ありがとうございました













別窓 | 歩けば日記にあたる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 役者ノートブック | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。